韓国文学セレクション<br> 舎弟たちの世界史

個数:

韓国文学セレクション
舎弟たちの世界史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月24日 17時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787720238
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

内容説明

一九八〇年に全斗煥が大統領に就任すると、大々的なアカ狩りが開始され、でっち上げによる逮捕も数多く発生した。そんな時代のなか、身に覚えのない国家保安法がらみの事件に巻き込まれたタクシー運転手ナ・ボンマンは、政治犯に仕立て上げられてしまい、小さな夢も人生もめちゃくちゃになっていく。軍事政権下における「国家と個人」「罪と罰」という重たいテーマを扱いつつも、スピード感ある絶妙な語り口、人生に対する鋭い洞察、魅力的なキャラクター設定で、不条理な時代に翻弄される平凡な一市民の人生を描いた悲喜劇的な秀作。

著者等紹介

イギホ[イギホ]
李起昊。1972年、江原道原州市生まれ。秋渓芸術大学文芸創作学科卒業、明知大学文芸創作学科大学院で博士課程を修了。現職は光州大学文芸創作学科教授。1999年、短編「バニー」が文学誌『現代文学』に掲載され、文壇デビュー。2010年に李孝石文学賞、2013年に金承〓文学賞、2014年に韓国日報文学賞、2017年に黄順元文学賞を受賞

小西直子[コニシナオコ]
日韓通訳・翻訳者。静岡県生まれ。立教大学文学部卒業。80年代中頃より独学で韓国語を学び、1994年、延世大学韓国語学堂に語学留学。以後、韓国在住。高麗大学教育大学院日本語教育科修了、韓国外国語大学通訳翻訳大学院韓日科修士課程卒業(通訳翻訳学修士)。現在は韓国で通訳・翻訳業に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

28
まずタイトルがカッコいいよね! 1980年代全斗煥大統領政権下の韓国に吹き荒れたアカ狩り。純朴なタクシー運転手に降りかかるあまりにマヌケな運命の悲喜劇。こちらに語りかけてくるような文章のクセが強いけどそれがだんだん快感に。独特のグルーヴ感がカッコいい。日本で言えば樋口毅宏のよう。安企部(韓国のCIAみたいなもん?)の拷問の手口は、映画「1987年 ある闘いの真実」にも出てきたので、ある程度知ってたけど酷いよなー。2020/09/02

星落秋風五丈原

26
本来なら名前の如く福に恵まれていたボンマン(=福満)から福を奪ってゆくのは、いかにも優しそうな顔をした国家安企部、やましい思いを抱えた刑事、自己正当化の権化である職場の同僚といった身近な存在だ。それが怖い。いや、それも怖いが、彼等にそんな行動を取らせている背後にいる人物が最も怖い。その人物とは舎弟の親玉、固有名詞はあまり登場しないが「我らが(ウリ)ノワール主人公」「我らが独裁者」としての出演頻度は最も高い。その場にはいないが韓国全体を覆う、空気のような彼が為政者として君臨した。2020/11/28

かもめ通信

17
軍事政権下における社会の、そして人々の、様々な矛盾を描き出すというシリアスなテーマを扱いながらも、小難しさとは無縁で、こういうテーマをこんなにも読みやすくわかりやすく書き上げることが出来るのかと驚くほどの軽妙さ。ユーモラスな語り口で笑いを誘い、読み手に「ふーと長く息をして」「肩を回して」「ここでちょっとトイレ休憩を」などと肩の力を抜くよう促しつつ語りあげるのは、不条理な時代に翻弄される平凡な一市民の人生を描いた物語。とにかく一度読んでみてくれたまえ。きっとその魅力がわかるから!2020/12/17

GO-FEET

4
「1980年に全斗煥が大統領に就任すると、大々的なアカ狩りが開始され、でっち上げによる逮捕も数多く発生した。(改行) そんな時代のなか、身に覚えのない国家保安法がらみの事件に巻き込まれたタクシー運転手ナ・ボンマンは、政治犯に仕立て上げられてしまい、小さな夢も人生もめちゃくちゃになっていく。」(カバー折り返しに書かれた惹句) ちなみに1980年といえば、個人的には給料生活者として働き始めた年。お隣の国ではこんな事が行われていたのだ!2020/12/02

キミ兄

4
チョンドファンの時代、韓国で政治犯がでっち上げられた小説。まあそうだろうな。☆☆。2020/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16257927

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。