はじめての発明―アイデアを商品化して収入を得る方法

個数:

はじめての発明―アイデアを商品化して収入を得る方法

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2022年01月22日 05時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720122
  • NDC分類 507.1
  • Cコード C2077

内容説明

「このひらめきは商品になりそう!でも、どうやって…?」事例を紹介しながら、発想・試作、権利取得、企業への提案、ロイヤリティ契約までの方法をわかりやすく解説。

目次

prologue 私の発明した商品と開発秘話
1 発想のしかた
2 試作のしかた
3 市場調査・先行技術調査のしかた
4 権利取得のしかた
5 アイデア提案書の作成のしかた
6 商品の販売のしかた
7 私の尊敬するスゴイ主婦発明家

著者等紹介

松本奈緒美[マツモトナオミ]
株式会社発明ラボックス・代表取締役。発明家。数々のヒット商品を生み出す。簡単な構造でも特徴をもたせ、数々の権利を取得。多くの企業とロイヤリティ契約を結んでいる。2010年、株式会社発明ラボックス設立。個人発明家のアイデアをメーカーにつなぐ「アイデアご意見隊」システムを構築(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えっくん

28
★★★★☆数々の発明品を考案した著者がアイデアを商品化するまでのノウハウを伝授。試作品の作成、出願方法、提案書の作成など多岐に渡り解説されていて非常にわかりやすい内容でした。発明=儲かるというイメージでしたが、100円ショップに並ぶ程度の商品では全然ロイヤリティがないんですね。アイデアも大事ですが、その後の企業への売り込みなど苦労された体験も掲載されていて思った以上に発明品を世に出すには時間と労力がかかることを痛感しました。企業からの不採用通知にめげることなく改良し次に活かす事も発明品誕生への布石ですね。2020/10/08

カルシュ

6
普段の生活の中で不便と思うことやもっと改良して使いたいと思うことがある。そう思えばまず自分で作ってみる。そして何度も改良して形にしていく。形にできればメーカーにメールや手紙などで採用してくれないかを問合せ、共同で作る契約を結ぶ。もちろん先に特許を取る必要がある場合もある。採用されることは稀なので何度も挑戦する根気が重要です。収入を得るには大変な苦労もあるが達成感も大きい。2021/03/23

青葉

0
特許ビジネスに興味があったので読んでみました。 図解も使ってとてもわかり易く説明されています。2021/03/04

林檎

0
権利取得の仕方など紹介されていましたが、やっぱり 出願とか、いろいろ面倒くさそう。 2020/09/04

Go Extreme

0
発想から試作、調査を繰り返し出願 中学生レベルの学力、工作力で充分発明できる 苦手なこと→発明 簡単な試作品 シリーズ化 シンプルな形状 インパクトある形状 素材を変えたら高額 発明する動機 使う人のことを考え何度も試作 知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権)がロイヤリティ収入になる権利 ノートに書き留め→改めて確認 間違わないように考えるクセ<一石二鳥シート 2 つの機能の組み合わせ→アイデアは出しやすい 特許情報プラットフオーム 新規性・進歩性 自分やまわりの人の‘‘ 困った”を解決2020/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16186602

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。