シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> ドイツ兵捕虜の足跡―板東俘虜収容所

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
ドイツ兵捕虜の足跡―板東俘虜収容所

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月29日 15時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787719393
  • NDC分類 210.69
  • Cコード C1021

内容説明

第一次世界大戦時のドイツ兵捕虜を収容した鳴門市の板東俘虜収容所。そこでは捕虜たちが印刷所や菓子店を開き、コンサートやスポーツ活動を盛んにおこない、製パン技術や楽器演奏法が地元住民に伝授された。戦時下でありながら、互いを認めあい、生まれた豊かな文化の姿を追う。

目次

第1章 一〇〇年前の慰霊碑(ドイツ兵の慰霊碑;歴史遺産・板東俘虜収容所)
第2章 第一次世界大戦とドイツ兵捕虜(日独戦争;日本の捕虜取り扱い;突貫工事で建設;ドイツ兵捕虜の特徴)
第3章 姿をあらわした収容所(収容所内の配置;捕虜が生活した兵舎;製パン所とパン竃;収容所内の商店街;その他のさまざまな施設)
第4章 文化活動と地元住民との交流(盛んな捕虜の文化活動;スポーツと遠足;地元住民との交流)
第5章 よみがえる板東俘虜収容所(ドイツ兵の慰霊碑の供養;互いを認めあう交流の証)

著者等紹介

森清治[モリキヨハル]
1966年、徳島県徳島市生まれ。立正大学文学部史学科卒業。鳴門市教育委員会生涯学習人権課で板東俘虜収容所跡の発掘調査を担当。現在、鳴門市ドイツ館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uniemo

6
第一次世界大戦の時、青島で捕虜となったドイツ兵の収容所の跡地を発掘調査した記録。写真や図など多くて当時の様子がわかりやすくて興味深かった。捕虜収容所内部で生ビールを売っていたりケーキ屋があったなんて、収容所のイメージと異なりました。ベートーヴェンの交響曲『第9番』の初演がこの収容所内だというエピソードも初めて知りました。2019/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14471389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。