シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 沖縄戦の発掘 沖縄陸軍病院南風原壕群

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
沖縄戦の発掘 沖縄陸軍病院南風原壕群

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787719379
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C1021

内容説明

沖縄戦のさなか、那覇市の南となり南風原(はえばる)町に、沖縄陸軍病院の地下壕群がつくられた。「ひめゆり学徒隊」も看護助手として動員され、米軍の砲撃にさらされるなかで多くの負傷兵を収容し治療にあたった。発掘調査から壕の実態をあきらかにする戦跡考古学の実践。

目次

第1章 沖縄戦の病院壕へ(沖縄戦の病院壕へ;海のない町、南風原;沖縄の文化と歴史)
第2章 沖縄戦と沖縄陸軍病院(沖縄陸軍病院の設置;那覇空襲と南風原移転;沖縄地上戦と南風原壕群の惨禍)
第3章 壕群の荒廃と保存(埋もれていく南風原壕群;関心の高まりと遺骨収集事業;地元の記録と保存活動;実体解明へ)
第4章 よみがえる病院壕(壕群の配置;遺骨収集で掘り下げられた壕;ひめゆり学徒隊が使用した壕;当時の様子を伝える壕;そのほかの第二外科の壕)
第5章 沖縄戦を未来に伝える(壕の公開と見学の試み;これからの南風原壕群)

著者等紹介

池田榮史[イケダヨシフミ]
1955年、熊本県天草市生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻(考古学系)博士課程前期修了。現在、琉球大学国際地域創造学部(地域文化科学プログラム)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。