21世紀のマルクス―マルクス研究の到達点

個数:
  • ポイントキャンペーン

21世紀のマルクス―マルクス研究の到達点

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 344p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787719201
  • NDC分類 134.5
  • Cコード C1010

内容説明

21世紀の今日、厳しい歴史的試練を受けとめつつ、マルクスの思想と理論の発展的継承を志向し、原点に立ち返って解明する研究が進んでいる。日本におけるその達成を結集し、哲学、経済学、政治理論、歴史観まで、継承すべき成果と残された課題を明らかにする。

目次

1 『資本論』をどう読むか(『資本論』と現代;マルクスにとって『資本論』とは何だったのか;物象化論と『資本論』第一部の理論構造;資本の統治術)
2 歴史観と変革構想(マルクスの「生活過程」論;マルクス政治理論の転回;マルクスの歴史把握の変遷―市民社会論マルクス主義批判;非政治的国家と利潤分配制社会主義―ポスト・スターリン主義の社会主義に寄せて;マルクスの脱近代思想とエコロジー的潜勢力―エコロジーをめぐる連帯の拡大へ向けて)

著者等紹介

伊藤誠[イトウマコト]
1936年生まれ。東京大学名誉教授、日本学士院会員

大藪龍介[オオヤブリュウスケ]
1938年生まれ。元福岡教育大学教授

田畑稔[タバタミノル]
1942年生まれ。季報『唯物論研究』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件