21世紀のマルクス―マルクス研究の到達点

個数:

21世紀のマルクス―マルクス研究の到達点

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年02月29日 19時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 344p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787719201
  • NDC分類 134.5
  • Cコード C1010

内容説明

21世紀の今日、厳しい歴史的試練を受けとめつつ、マルクスの思想と理論の発展的継承を志向し、原点に立ち返って解明する研究が進んでいる。日本におけるその達成を結集し、哲学、経済学、政治理論、歴史観まで、継承すべき成果と残された課題を明らかにする。

目次

1 『資本論』をどう読むか(『資本論』と現代;マルクスにとって『資本論』とは何だったのか;物象化論と『資本論』第一部の理論構造;資本の統治術)
2 歴史観と変革構想(マルクスの「生活過程」論;マルクス政治理論の転回;マルクスの歴史把握の変遷―市民社会論マルクス主義批判;非政治的国家と利潤分配制社会主義―ポスト・スターリン主義の社会主義に寄せて;マルクスの脱近代思想とエコロジー的潜勢力―エコロジーをめぐる連帯の拡大へ向けて)

著者等紹介

伊藤誠[イトウマコト]
1936年生まれ。東京大学名誉教授、日本学士院会員

大藪龍介[オオヤブリュウスケ]
1938年生まれ。元福岡教育大学教授

田畑稔[タバタミノル]
1942年生まれ。季報『唯物論研究』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マウンテンゴリラ

1
斉藤幸平氏の「人新世の資本論」が、ベストセラーになるなど、一般読者の間にも、マルクスへの回帰や見直しに関心が持たれている昨今、本書もまたその流れの一環として、興味深く読むことができた。正直なところ、細かな経済理論に関しては、おそらく中学生並みの知識しか持ち合わせていない私にとって、難解な論考が多かったが、今という時代の問題点と向き合う観点から、本書およびそれに類する本を読むと、主旨は概ね理解でき、また大いに納得がいく点も多いと感じる。一般的に日本人、特に私のような中高年世代では、共産主義と言えば、→(2)2022/03/20

原玉幸子

1
マルクスの著作が時代時代でどの様に読まれ人々に影響を与えたかに興味があり購入しました。残念乍ら、9人の「マルクスは○○と言っている」との解説論文集は、古い哲学の講義の様に総じて退屈でしたが、編者でもある大藪龍介が、第六章で、いみじくも「『資本論』が不朽の学問的傑作として、今日なお資本主義経済の批判や研究の基準として生命力を保っているのとは対照的に、マルクスの(『共産党宣言』他での)社会政治理論の歴史的生命力は極めて乏しかった」と敷衍している言には、全てを要約している様で納得しました。(●2020年・春)2020/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14778057
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。