ピュドロさん、美食批評家はいったい何の役に立つんですか?

個数:

ピュドロさん、美食批評家はいったい何の役に立つんですか?

  • ウェブストアに39冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787719133
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0077

内容説明

パリのレストラン格付けガイド『Pudlo PARIS』が好評の著者が、フランスのレストラン、シェフ、料理、そしてグルメを辛口批評し、ガストロノミ(美食)とは何かを熱く語る。

目次

常軌を逸した者の仕事
ある天職の創生
誤解される見かけ
舞台裏のさらに背後に
必然的偏愛
序列化の意味
正確を期すのは不愉快な欠点ではない
口に頬張ったまま喋る
変動する世界
物書きという仕事
目玉焼きの詩学
夢見させ、垂涎させる
知られていないことと高名なこと
汝自らを知れ
著名な先達たちについて
批評の制度化
嗅覚を用いて
流行の波に乗る
影響力をもつ者
失われし美味なる食べ物を求めて
悪魔は細部に宿る
意味あるもののみが美味しい
格付けの専門家

著者等紹介

ピュドロフスキ,ジル[ピュドロフスキ,ジル] [Pudlowski,Gilles]
1950年、アルザス=ロレーヌ地方モーゼル県メス市に生まれる。パリ政治学院を卒業後、ジャーナリズムの世界へ。『ゴー=ミヨ』で有名なクリスチャン・ミヨのもとで研鑽を積み、美食批評家として独立。1990年から毎年、パリのレストラン格付け本『ピュドロ・パリ』を発行。中央の有名媒体の他、地元アルザス=ロレーヌの地方紙への寄稿や『ピュドロ』地方版、フランス版も手がける。また、ブログ『皿の上の料理の中の脚』は好評で、フランスを代表する美食批評家として活躍

関修[セキオサム]
1961年、東京生まれ。東洋大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程単位修得退学。東洋大学文学部哲学科助手を経て、明治大学、東京交通短期大学非常勤講師。専攻はフランス現代思想、文化論。(一社)リーファーワイン協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。