阪南大学叢書<br> 歌は分断を越えて―在日コリアン二世のソプラノ歌手・金桂仙

個数:

阪南大学叢書
歌は分断を越えて―在日コリアン二世のソプラノ歌手・金桂仙

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年06月26日 03時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787719065
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0036

内容説明

「歌で“故郷”を届けたいと願っています」。妻として、母として、嫁として。若き日に歌の道を諦め、48歳で音楽大学に入学して再生した在日女性のライフヒストリー。

目次

序章 ハングル・ウィンター・コンサートの会場で
第1章 在日コリアン二世の女性として
第2章 日本と朝鮮半島の歴史のはざまで
第3章 音楽大学で迎えた人生の第2幕
第4章 揺れる日本社会で―在日の子弟への思い
第5章 韓国・慶州「ナザレ園」への旅―残留日本人妻に届ける「故郷の歌」
第6章 神戸・長田の老人ホーム「故郷の家」―ともに分かち合える歌を

著者等紹介

坪井兵輔[ツボイヒョウスケ]
1971年大阪府生まれ。阪南大学国際コミュニケーション学部准教授(ジャーナリズム論)。慶応義塾大学経済学部卒業後、MBS毎日放送に入社。記者およびディレクターとして、テレビ・ラジオで報道番組の制作を担当。同社ベルリン支局特派員、TV報道局ドキュメンタリー専属ディレクター等を務め、2017年より現職。主なTVドキュメンタリー作品に『家族づくり―子どもたちと里親の一年』(毎日放送、地方の時代映像祭優秀賞)、『知られざる最前線―神戸が担ってきた“日米同盟”』(毎日放送、坂田記念ジャーナリズム賞特別賞)、『見えない基地―京丹後・米軍レーダー基地計画を追う』(毎日放送、ギャラクシー賞奨励賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件