シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 邪馬台国時代の東海の王―東之宮古墳

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
邪馬台国時代の東海の王―東之宮古墳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月16日 15時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787718402
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

邪馬台国と狗奴国が争っていた時代を駆け抜けた王は愛知県犬山市の北方、木曽川を眼下に望み、濃尾平野を見渡す山頂の前方後方墳に葬られた。東海にのみ存在する不思議な文様を刻む鏡や、当時の工芸技術の粋をあつめた緑に輝く石製品が、この地域に登場した英雄を伝える。

目次

第1章 白山平の古墳(東之宮古墳の調査;三九年の歳月)
第2章 山頂に王墓をつくる(山頂に残された軌跡;石と土アゲの古墳;山頂の前方後円墳;王が眠る石の部屋)
第3章 捧げられた宝物(宝石箱からの便り;刀と剣と斧;破られた鏡;王が活躍した暦年代)
第4章 迩波の王(邪馬台国・狗奴国の時代;迩波の里;迩波四代の大王墓;冬至の王)
第5章 はじまりの地に集う

著者等紹介

赤塚次郎[アカツカジロウ]
1954年、愛知県犬山市生まれ。1979年、奈良教育大学教育学部卒業。愛知県埋蔵文化財センター副センター長を経て現在、特定非営利活動法人古代迩波の里・文化遺産ネットワーク理事長、名古屋経済大学犬山学研究センター客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

邪馬台国の時代を生きた王邪馬台国と狗奴国が争っていた時代を駆け抜けた王は、愛知県犬山市の北方、木曽川を眼下に望み、濃尾平野を見渡す山頂の前方後方墳に葬られた。東海にのみ存在する不思議な文様を刻む鏡や、当時の工芸技術の粋をあつめた緑に輝く石製品が、この地域に登場した英雄を伝える。

第1章 白山平の古墳
1 東之宮古墳の調査
2 三九年の歳月
第2章 山頂に王墓をつくる
1 山頂に残された軌跡
2 石と土アゲの古墳
3 山頂の前方後方墳
4 王が眠る石の部屋
第3章 捧げられた宝物
1 宝石箱からの便り
2 刀と剣と斧
3 破られた鏡
4 王が活躍した暦年代
第4章 邇波の王
1 邪馬台国・狗奴国の時代
2 邇波の里
3 邇波四代の大王墓
4 冬至の王
第5章 はじまりの地に集う

赤塚次郎[アカツカジロウ]
著・文・その他