シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 国宝「火焔型土器」の世界 笹山遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
国宝「火焔型土器」の世界 笹山遺跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月24日 04時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 94p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787718341
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

出版社内容情報

土器で唯一国宝となっている笹山遺跡の火焔土器群をカラー写真で大きく取り上げ、それを育んだ信濃川と豪雪地帯の縄文文化を紹介。ダイナミックな突起とうねるような文様が器面をおおい、縄文土器の頂点とされる火焔型土器。それが質・量ともに豊富に出土した、世界有数の豪雪地帯である新潟県十日町市の笹山遺跡は、火焔型土器の造形美や変遷、生み出した縄文人の集落や生活を知るうえで貴重な遺跡である。

第1章 笹山物語
   1 火焔型土器の発見
   2 姿をあらわしたムラ
   3 縄文土器では最初の国宝に

第2章 火焔型土器を解読する
   1 火焔型土器とは
   2 火焔型土器の種類
   3 火焔型土器の装飾
   4 火焔型土器の系譜
   5 火焔型土器は何に使ったのか

第3章 雪と信濃川が育んだ文化
   1 火焔型土器のクニ
   2 雪と信濃川が育む

第4章 笹山縄文人の暮らし
   1 生業を語る石器
   2 生活を彩る道具
   3 笹山縄文人の四季
   4 火焔型土器にみる縄文人のエネルギー

第5章 笹山遺跡の今
   1 地震を乗り越えて
   2 学術調査の取り組み
   3 火焔の都をめざして

石原 正敏[イシハラ マサトシ]
著・文・その他

内容説明

ダイナミックな突起とうねるような文様が器面をおおい、縄文土器の頂点とされる火焔型土器。それが質・量ともに豊富に出土した、世界有数の豪雪地帯である新潟県十日町市の笹山遺跡は、火焔型土器の造形美や変遷、生み出した縄文人の集落や生活を知るうえで貴重な遺跡である。

目次

第1章 笹山物語(火焔型土器の発見;姿をあらわしたムラ;縄文土器では最初の国宝に)
第2章 火焔型土器を解読する(火焔型土器とは;火焔型土器の種類;火焔型土器の装飾;火焔型土器の系譜;火焔型土器は何に使ったのか)
第3章 雪と信濃川が育んだ文化(火焔型土器のクニ;雪と信濃川が育む)
第4章 笹山縄文人の暮らし(生業を語る石器;生活を彩る道具;笹山縄文人の四季;火焔型土器にみる縄文人のエネルギー)
第5章 笹山遺跡の今(地震を乗り越えて;学術調査の取り組み;火焔の都をめざして)

著者等紹介

石原正敏[イシハラマサトシ]
1962年、新潟県生まれ。新潟大学大学院人文科学研究科修了(文学修士)。十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課参事・課長補佐(博物館参事・副館長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。