さらにわかった!縄文人の植物利用

個数:

さらにわかった!縄文人の植物利用

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 12時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787717023
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

縄文時代の3分の2、9000年近くを占める前半期(草創期・早期・前期)は謎に包まれている。鳥浜貝塚・東名遺跡などの注目低湿地遺跡で見つかった植物質遺物、とくに多量に出土した編みかごの研究と最新の自然科学分析から、高度な植物利用の知識と技術の起源を解き明かす。

目次

1 縄文時代の前半期ってどんな時代?―一万六〇〇〇年前から六〇〇〇年前まで
2 縄文時代の低湿地遺跡―鳥浜貝塚が教えてくれること
3 鳥浜貝塚から見えてきた縄文時代の前半期の植物利用
4 編組製品の技法と素材植物
5 八〇〇〇年前の編みかごから何がわかるのか?―佐賀県東名遺跡
6 東名遺跡と三内丸山遺跡のかごを復元する
7 縄文のかご作りに刃物はいらない?下宅部遺跡の四〇〇〇年前の編みかご
8 下宅部遺跡と正福寺遺跡のかごを復元する
9 鳥浜貝塚から半世紀―さらにわかった!縄文人の植物利用

著者等紹介

工藤雄一郎[クドウユウイチロウ]
東京都立大学大学院人文科学研究科修了、博士(史学)。専門分野:先史考古学、年代学、第四紀学。現在、国立歴史民俗博物館研究部考古研究系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

14
年縞博物館の水月湖堆積物展示だけでなく、若狭三方縄文博物館 DOKIDOKI館にある鳥浜遺跡関連展示も見に行かねば!!!2020/04/12

やま

12
縄文人の植物利用、第2弾。腐りやすいことから残りにくい植物でつくられた遺物を検証。特にかごについて丁寧に考察しています。特に縄文時代に使われたカゴを取り上げ、どんな植物からつくられたか、そしてその復元に取り組んでいます。縄文時代というと土器や石器がメインみたいですがカゴが大いに使われていたんですね。縄文時代感が一歩前進です。2020/09/01

幻想夢海

1
縄文人の植物利用の技術は卓越したものであることが分かった。遺物として残りやすいのは、石器や土器といった無機物であるが、植物などの有機物も多く用いられていた筈なので、こうした研究が更に発展していくことに期待したい。2020/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11608482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。