シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 東アジアに翔る上毛野の首長―綿貫観音山古墳

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
東アジアに翔る上毛野の首長―綿貫観音山古墳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 15時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787716392
  • NDC分類 210.32
  • Cコード C1021

内容説明

東の古墳王国、群馬県。なかでも、高崎市の綿貫観音山古墳から出土した華麗な副葬品は、韓国武寧王陵出土鏡と同型鏡や法隆寺献納宝物の水瓶に似る美しい水瓶など、東アジアとの活発な交流を見せて群を抜いている。五~六世紀に国際情勢に通じ、活躍したその被葬者の実像に迫る。

目次

第1章 未盗掘古墳の調査(原形をとどめていた古墳;調査開始)
第2章 五世紀の伝統を守る前方後円墳(綿貫観音山古墳が造営された地;綿貫観音山古墳の墳形;群馬県では最大規模の石室)
第3章 埴輪は語る(この世の家と他界の家;鎮魂祭祀と権威の象徴;山上他界へいざなう飾馬;埴輪はどこでつくられたか)
第4章 豪華な副葬品(副葬品の出土状態;獣帯鏡と銅製水瓶が語る世界;甲冑と馬具が示す武人像;副葬品にみえる国際色と年代)
第5章 綿貫観音山古墳と大和政権(東国の古墳王国;毛野国誕生前夜;毛野国の誕生と崩壊;井野川流域圏の誕生;大和政権下の毛野;上毛野の雄族、綿貫観音山古墳の首長)

著者等紹介

大塚初重[オオツカハツシゲ]
1926年、東京都生まれ。明治大学大学院文学研究科考古学専攻博士課程修了。文学博士。明治大学文学部長、明治大学人文科学研究所所長、山梨県立考古博物館館長、日本考古学会協会会長などを歴任。明治大学名誉教授

梅澤重昭[ウメサワシゲアキ]
1934年、群馬県生まれ。明治大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了。群馬県教育委員会文化財保護課長、群馬大学教育学部教授などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

10
今週末、ついに石室見学申し込んだんで予習。46〜47ページの発掘時の写真を脳に刷り込まなくては!!。それにしても、この「遺跡を学ぶ」シリーズは写真も美しいし執筆陣も充実してるよなあ(この巻の著者はなんと大塚先生!)。2018/11/12

うしうし

4
群馬県高崎市所在の前方後円墳である綿貫観音山古墳の概説。表紙の「正座し弦を弾く三人童女像」埴輪で著名。築造は6世紀後半で、主体部は角セン石安山岩転石を切削加工した石材で構築した横穴式石室。石室は群馬県最大で、その玄室プランは奈良県五条野(見瀬)丸山古墳(欽明天皇陵)と同形という。副葬品では、獣帯鏡(韓国武寧王陵出土鏡と同型)と銅製水瓶が特に注目される。副葬品の写真の一部がやや不鮮明(ピンボケ)なものがあったことがやや残念。2017/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12145427

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。