シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 日本海を望む「倭の国邑」―妻木晩田遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
日本海を望む「倭の国邑」―妻木晩田遺跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 06時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787716316
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

「魏志倭人伝」冒頭の一節「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島によりて国邑(こくゆう=大きな村)をなす」を彷彿とさせる大集落が、鳥取県西部の霊峰・大山のふもとで発見された。弥生時代後期~終末期に日本海を望む丘に繁栄した「妻木晩田(むきばんだ)」村にせまる。

目次

第1章 よみがえる倭の国邑(日本海を望む弥生の大集落;妻木晩田遺跡の歴史的環境;妻木晩田遺跡の発見;「妻木晩田」村三〇〇年の盛衰)
第2章 集落のはじまり(平野から丘陵へ;集住のはじまり;洞ノ原墳丘墓群と環濠)
第3章 山陰地方最大規模の集落へ(国邑への成長;村の中枢となる居住単位;仙谷墳丘墓群;鉄器の製作と流通)
第4章 「妻木晩田」村の終焉(集落規模の縮小;「妻木晩田」村の中興と松尾頭墳丘墓群;「妻木晩田」村の終焉;古墳時代の幕開け)

著者等紹介

浜田竜彦[ハマダタツヒコ]
1969年、山口県下松市生まれ。関西大学大学院文学研究科史学専攻博士課程前期課程修了。鳥取県教育委員会文化財課、鳥取県立むきばんだ史跡公園を経て、現在、鳥取県埋蔵文化財センター係長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

13
山陰の遺跡めぐりしたい。。高地性集落は、防御のため(だけ)でなく豊富な森林資源のために、わざわざ移動には不便なところに設置された。弥生期300年の集落の盛衰と、森林資源の増減がリンクしているという仮説は、ある程度までなら科学的に議論(反証)することができそう。2020/08/02

うしうし

1
鳥取県西伯郡大山町・米子市に位置する弥生時代の「妻木晩田遺跡」を紹介する書籍。中期後葉に始まるこの集落は、後期後葉にピークを迎え、古墳時代前期前葉に終焉を迎える。丘陵に集落が立地する利点を木材の供給(p71)に求め、後期終末前半に一時的に集落が衰退する要因を森林資源の枯渇(p71)と想定する。著者の想定は恐らくは正しいのであろうが、状況証拠に留まっているというのが正直な感想である。とはいえ、ふんだんなカラー図版を用いた集落や墳墓の変遷に関する概説は、現状で最も優れた妻木晩田遺跡の概説となっている。2016/11/21

榊原 香織

0
四隅突出型墳丘墓2020/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11176220

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。