燃える森に生きる―インドネシア・スマトラ島 紙と油に消える熱帯林

個数:

燃える森に生きる―インドネシア・スマトラ島 紙と油に消える熱帯林

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787716033
  • NDC分類 652.24
  • Cコード C0036

内容説明

世界で最も生物多様性の豊かな森林が広がるスマトラ島。ところが、製紙用植林地と油ヤシ農園の大規模開発が進み、同島リアウ州は森林消失が世界一激しい土地になっている。植林地や農園の造成で失われた豊かな生態系と人びとの生命の糧は二度と元に戻ることはない。私たちの便利な生活の裏側で進行する現実を報告。

目次

1 泥炭湿地林を訪ねる
2 滅びゆく湿地林
3 紙のための森
4 森を消す油
5 農園に暮らす幻の民
6 希望の村落林

著者等紹介

内田道雄[ウチダミチオ]
フォトジャーナリスト。1962年、埼玉県生まれ。週刊誌専属カメラマンを経て、1990年よりフリー。タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどの環境問題、少数民族の取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

尾張こまき

2
インドネシアからの紙の輸入量、日本は中国に次いで第2位だそうです。量販店の格安コピー紙や安くて美味しいラクトアイス、わたしたちに身近な商品の原料を輸出する国ではどんなことが起きているのか、わたしたち消費者も知るべきです。恐るべき人権無視、いわんや生物多様性をや。どれほどの生き物が名前を知られることもなく地球上から姿を消してるんだろう。溜息。感情を交えず淡々と事実を伝える文章は少し教科書的。オランリンバにもっと密着するとか、構成にもう少し捻りがあれば、もっと分厚くても手に取る人増えるのでは。2016/07/22

1
どのように森林が減少するのか: 商業伐採 → 道路開通 → 違法伐採 → 農地化 という段階を追ってすすむ。土地をめぐる衝突にも様々な形態がある。 大規模製紙企業や大規模パーム油農園と現地住民の権利争い、現地原住民と現地住民との争いなど。 写真とシンプルな文章でわかりやすく、冒頭の地図も繰り返し見ながらじっくり読めた。「現地に見に行く」というが、全体像を掴むには時間も労力もかかることがよくわかった。2019/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11021026

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。