シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 島に生きた旧石器人・沖縄の洞穴遺跡と人骨化石

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
島に生きた旧石器人・沖縄の洞穴遺跡と人骨化石

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787715340
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

アフリカを旅立ち、東アジアに拡散した現生人類は、四万~三万年前、海を渡って沖縄の島々へ到達した。石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡と沖縄島のサキタリ洞遺跡からみつかった人骨化石や貝器から沖縄人類史の謎に迫る。

目次

第1章 港川人をめぐる謎(港川人の発見;大山盛保の軌跡;化石の島・沖縄)
第2章 白保竿根田原洞穴遺跡の発掘(闇の中の骨;未知の時代を掘る;姿をあらわした旧石器人骨)
第3章 サキタリ洞遺跡の発掘(カニの洞穴;石器と貝器の発見;貝は語る)
第4章 沖縄人類史の謎に迫る(見えてきた謎の答え;東アジア縁海地域の人類史;島に生きた旧石器人)

著者等紹介

山崎真治[ヤマサキシンジ]
1977年高知県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(文学博士)。現在、沖縄県立博物館・美術館博物館班主任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ナディ

29
サキタリ洞について知りたくて購入。沖縄の人の顔の濃さが好きなんだけど人類学的にはまだ不明な点も多いらしい。大好きなガンガラーの谷の遺跡を思い出す。2017/12/24

月をみるもの

12
石灰岩に富む沖縄では、酸性土壌の日本で残りにくい人骨がしっかりと保存される一方で、石器がほとんど出て来ない。アフリカから出て来たホモサピの海洋進出最前線で、いったいなにが起きていたのか? この本が出た後に、サキタリ洞でなされた大きな発見と研究の進展については、こちらをどうぞ → https://bookmeter.com/books/142049772019/12/21

やま

8
近年では台湾から与那国島への人力での渡航実験や、相次ぐ旧石器人骨の発見などで沖縄の旧石器時代は注目を集めています。沖縄で発見された旧石器人についてその経緯など分かりやすく取りまとめられていて、読んでいて胸が熱くなりました。2015年発行の本ですがその後の進展も合わせて興味深いところです。 2020/06/16

うしうし

2
石器がなく人骨のみが発見される沖縄の不可思議な旧石器時代遺跡・・そうした謎が、近年の発掘調査によって徐々に解明されている。石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡や沖縄島のサキタリ洞穴遺跡の成果が紹介され、前者が墓として使用されたことや後者から出土した貝器がその地域に人類が適応した特徴的な遺物であることなどが指摘されている。また少数出土する石英製石器にも言及する。1970年代の港川フィッシャー遺跡発見以来、停滞していた沖縄の旧石器時代研究が確実に進展し、新たな研究成果が期待できる段階に入ったことを実感できる本である。2016/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9875085

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。