鳥栖(とす)のつむぎ―もうひとつの震災ユートピア

個数:
  • ポイントキャンペーン

鳥栖(とす)のつむぎ―もうひとつの震災ユートピア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 12時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787714152
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

3・11福島第一原発事故―。故郷を強制的に追われた人、“自主”的に避難した人、避難を終えて戻った人…。迷いと葛藤を抱えながら、佐賀県鳥栖市に避難した母親たちが人とつながり、支えられ、助け合い、紡いでいった“避難とその後”の物語。

目次

1 革作家の「物語」―福島県浪江町(二〇代)
2 四人の家族と四つのふるさとの「物語」―福島県郡山市(二〇代)
3 常盤家の「物語」―福島県いわき市(二〇代)
4 ホットスポットから避難した家族の「物語」―千葉県市川市(二〇代)
5 イチゴ農家の「物語」―北関東(四〇代)
6 小柳家の「物語」―福島県福島市(三〇代)

著者等紹介

関礼子[セキレイコ]
1966年、北海道生まれ。立教大学社会学部教授。東日本大震災後の2011年5月から、縁あって原発事故避難の問題を調査

廣本由香[ヒロモトユカ]
1988年、東京都生まれ。立教大学大学院社会学研究科博士課程後期課程在籍。2012年から佐賀県鳥栖市をはじめとする原発避難者の問題を調査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件