海でつながる倭と中国―邪馬台国の周辺世界

個数:

海でつながる倭と中国―邪馬台国の周辺世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 20時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787713094
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

古代東アジアの動乱の時代に、邪馬台国および中国・朝鮮半島では何がおこっていたか。考古学から読み解く『三国志』の時代。森浩一の『魏志』倭人伝講義を収録。

目次

海でつながる倭と中国(講義 倭人伝を丁寧に読むことから;シンポジウム 海でつながる倭と中国―邪馬台国の周辺世界)
『三国志』の時代(忘れてはならない呉鏡―神戸市夢野丸山古墳出土鏡の複製品;曹操墓の発見;辰韓・弁韓の対外交渉―楽浪郡・帯方郡および倭との関係;考古資料からみた海外交渉―楽浪土城からホケノ山古墳まで;伊都国の王と有力者たち―遺跡からみえてきた地域構造と社会構造;金属器生産技術の変化―弥生時代から古墳時代へ;イレズミからみえてくる邪馬台国)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おらひらお

3
2013年初版。講演録をまとめたものですが、各分野のとっかかりには良い一冊ですね。今回は必要箇所のみをつまみ読み。2017/04/15

のりきよ

1
弁韓・辰韓や楽浪群との交易を考古学史料から考察する話が面白かったかな。あと、2〜3世紀に伊都国がいかに貿易王国として栄えていたかを知り、俄然感心が高まった。2016/06/14

遊動する旧石器人

0
カシコーケンの2012年度特別展「三国志の時代―二・三世紀の東アジア」に伴う講演・講座の収録本である。どれも面白く勉強できましたが、対外交渉・海外交渉が非常に面白かった。楽浪土器・楽浪系土器・三韓土器などの流通をもっと勉強しなきゃ。2013/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7221149

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。