名古屋市立大学人間文化研究叢書<br> グローバル社会を歩く―かかわりの人間文化学

個数:

名古屋市立大学人間文化研究叢書
グローバル社会を歩く―かかわりの人間文化学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 11時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 350,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787713025
  • NDC分類 361.07
  • Cコード C1036

内容説明

人やモノ、情報が瞬時に国境を越えるグローバル社会。人類社会が単一化・均質化していっているかのように見えるなか、さまざまな地域に生きる人びとといかにかかわりあい、学びあい、多様性にもとづくあらたな関係性をともに紡いでいけるのか。フィールドワークの現場からの問いかけ。

目次

1 人間と環境(ともにかかわる地域おこしと資源管理―能登なまこ供養祭に託す夢;自然の脅威と生きる構え―アフリカゾウと「共存」する村)
2 ことばと社会(言語を「文化遺産」として保護するということ;フィールドワーカーと少数言語―アフリカと世界の手話話者とともに)
3 調査と現場(「自主避難」のエスノグラフィ―東ティモールの独立紛争と福島原発事故をめぐる移動と定住の人類学;海外研究・異文化研究における調査方法論―社会調査の前提をとらえなおす)

著者等紹介

赤嶺淳[アカミネジュン]
1967年、大分県生まれ。名古屋市立大学大学院人間文化研究科准教授。専門は東南アジア地域研究、海域世界論、食生活誌学、フィールドワーク教育論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。