ロラン島のエコ・チャレンジ―デンマーク発、100%自然エネルギーの島

個数:

ロラン島のエコ・チャレンジ―デンマーク発、100%自然エネルギーの島

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月22日 06時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787712813
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0036

内容説明

ロラン島は美しい自然であふれ、豊かな土地で農業がさかん。起伏がなく平坦な島にはいつも風が吹き抜けています。その広大な大地に、たくさんの風車が並んでいます。風を受けながら、毎日電気をつくっています。北欧の国、デンマークで四番目に大きな島の未来へのチャレンジのお話。

目次

1 ロラン島の風力発電(自宅の庭にマイ風車!;市民の風車協同組合;風力発電パーク;洋上風力発電パーク)
2 デンマークのお荷物自治体から先進環境自治体へ(ロラン島とは;産業構造の変動でお荷物自治体に;環境エネルギー産業への転換)
3 原発建設から自然エネルギーへの転換(原発推進から原発No!へ;原発建設計画と反対運動の展開;ロラン島も原発建設予定地だった;デンマークの風力発電の歴史)
4 ロラン島の新たな挑戦(水素コミュニティ;オンセヴィ気候パーク;ポセイドン;インターナショナル・ウインド・アカデミー・ロラン;腐ったバナナからグリーン・バナナへ)

著者等紹介

ニールセン北村朋子[ニールセンキタムラトモコ]
デンマーク・ロラン島在住。ジャーナリスト、コーディネーター、アドバイザー。会社員、アメリカ留学を経てフリーの映像翻訳家として独立。2001年よりロラン島に移住。森の幼稚園運営委員、ロラン市地域活性化委員を歴任。デンマーク・インターナショナル・プレスセンター・メディア代表メンバー。2012年デンマーク・ジャーナリスト協会東デンマーク地区ジャーナリスト賞(Kreds2 Pris)受賞。デンマーク人の夫と小学生の息子とともに、旧農家に暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まんぼう

0
デンマークのロラン島が自然エネルギー政策に舵を切り、まちの再生にまで結びつけたチャレンジをロラン島在住の日本人ジャーナリストが紹介する。写真が美しい。進みたい道の、未来が体現されていて羨ましくなる。デンマークのエネルギー自給率は、当初、日本以下だったという。それを聞くと、道を戻していけばできるんだ、という希望が見えてくる。2016/07/12

ごはんりれー

0
将来の目標・夢のロールモデルとなった街についての本。日本と欧州の地域活動を比較した時、欧州のほうが活発な理由は、そのような歴史の蓄積とか文化のほかに、どのような理由があるのかより見識を深めていきたい。この本を読んでいて、対話や議論をする機会を増やすことは大事だと改めて思いそのことは、東浩紀さんの福島第一原発観光地化計画について同様なことが言えると思った。(ダークツーリズムをすることでそのことを風化させないようにしたり、対話のきっかけにもなるから)。2014/09/26

Seiichi Takayama

0
会社の後輩に教えてもらった情報から知った本。筆者は実際にロラン島(デンマーク)に在住の日本人で、美しい写真と共に風力発電を主とする再生可能エネルギーの導入状況を紹介している。⚫︎風昔から小さな町ごとに穀物を粉に挽くための風車があるが光景が普通だったので、受け入れやすかったのでは、という趣旨の事が書かれていた。自然を利用した再生可能エネルギーは、効率や安定性だけでなく、その土地の風土や歴史も考慮しないといけないのだろう。そしたら日本の田舎には風車よりも水車の方が馴染みがあるのか?!小水力?!⚫︎筆者は「地方2014/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5232188

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。