シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 狩猟採集民のコスモロジー・神子柴遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
狩猟採集民のコスモロジー・神子柴遺跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 14時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787712394
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

遙か南アルプスの山々を望み、天竜川へとつづく丘の突端、残された重厚な石斧と美しい尖頭器の数々。はたして実用品なのかシンボルか、なぜこの地に置き去りにされたのか。縄文時代の暁を告げる石器群の謎を読み解き、狩猟採集民の世界観(コスモロジー)に迫る。

目次

第1章 神子柴遺跡の発見(姿をあらわした石器群;神子柴石器カタログ;遺志をつぐ調査研究報告書の刊行)
第2章 謎の探究へ(謎めいた石器の配置;石材解明の旅;どのように作られ、はたして使われたのか)
第3章 神子柴文化を追う(探求者たち;時代を探る;神子柴文化の軌跡)
第4章 狩猟採集民のコスモロジー(神子柴遺跡の時代;神子柴遺跡とは何か)

著者等紹介

堤隆[ツツミタカシ]
1962年、長野県佐久市生まれ。國學院大學大学院博士後期課程修了。博士(歴史学)。現在、長野県御代田町浅間縄文ミュージアム主任学芸員、八ヶ岳旧石器研究グループ代表、明治大学黒耀石研究センター研究員。第13回藤森栄一賞(1992年)、第16回岩宿文化賞(2007年)受賞。専門は旧石器考古学、奈良・平安時代の考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

16
芹沢長介による本の木遺跡発掘「冬の陣」と、山内清男による「夏の陣」。この遺跡が旧石器時代のものなのか、それとも縄文草創期なのかという議論は、そのまま神子柴遺跡の年代論争へと引き継がれる。石器という人類最初の道具を「財」として交換するシステムの確立と、土器という新しい道具の導入。どっちも人類史の画期であることは間違いない。2021/11/10

うしうし

5
職場にて1日で読了。長野県神子柴遺跡の概説書で、遺跡から発見された石器87点は重要文化財。全体的に情緒に流れすぎる記述があることが少し気にかかる。神子柴遺跡の性格は「消費行為を伴う居住地であり、交換のための各地からの物資を備えたデポとしても機能」と評価する。 ・黒曜石製の尖頭器には使用痕があり、ナイフのような機能でも使われていた。 ・大型の局部磨製石斧には使用痕がない。 ・小型の局部磨製石斧には、刃の再生が行われていることから、実際に使用されていた。(p51)2021/05/29

pepe

2
不思議な世界があるものだ。2018/09/12

やま

2
旧石器時代と縄文時代の境に花開いた神子柴文化を象徴する遺跡。大型で秀麗な石槍と石斧。その背後にあるものがわかりやすく書かれています。わからないことも多いのですが、それゆえ想像も膨らみます。読んで得した気分になりました。2014/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6818887

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。