シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 13時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787710444
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

北海道の空の玄関口、新千歳空港にほど近い石狩低地帯南部の落葉広葉樹林のなか、直径数十メートルにおよぶ巨大な竪穴を掘り、その排土を周囲に盛って環状の土手でかこんだ縄文後期の墓地がいまも地上に姿をとどめている。この大土木工事から北の縄文社会をさぐる。

目次

第1章 キウス周堤墓とは(国道脇の不思議な土手;国内最大級の縄文の墓)
第2章 キウス周堤墓の“発見”(アイヌのチャシ説;縄文時代のものとの認識へ ほか)
第3章 周堤墓への道(北東北の環状列石;北海道の環状列石 ほか)
第4章 周堤墓をつくった集落(キウス川のほとりにて;周堤墓をもつ集落の誕生 ほか)
第5章 周堤墓の終焉(積石墓・墳丘墓の出現;朱塗りの櫛の土壙墓 ほか)

著者等紹介

大谷敏三[オオタニトシゾウ]
1949年、北海道生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。千歳市教育委員会、千歳市勤務を経て、2010年3月退職。元千歳市埋蔵文化財センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

13
千歳空港の近くにある、のちの円墳の元祖(?)とも言える、周囲に堤をめぐらせた大規模な集合墓=キウス集堤墓。300mほど南西にあるキウス第四遺跡のネクロポリスとして構築されたと考えられている。さらに南の美々遺跡からは、糸魚川起源のヒスイも出土しており、縄文時代後期にすでに交易圏が本州中部に達していたことを示している。2019/03/09

月をみるもの

10
せっかく空港に近いのだから、カリンバとともに立ち寄るチャンスをつくりださなくてはならない。今なら、まだ紅葉してるかな。。2021/10/16

笛吹岬

1
北海道千歳空港近くにある縄文後期後葉のキウス周堤墓群。最大のもので、径74mにおよぶドーナツ状の盛土の遺跡。北東北から道南にある環状列石からの影響があるとのことだが、その繋がり・関係性は理解できなかった。とはいえ、このシリーズらしく、研究史を簡潔かつトータルに叙述されているのは、専門外の人にも取っつきやすい。2012/10/13

yanapong

0
本文中にある4号→1号←3号の構築順は、逆ではないか。周堤の切れる状況もそうだが、何より「円形」を墓域に選んだ彼らが、望む大きさの周堤を狭い(円が描ききれない)場所に無理矢理押し込めるようなことができるだろうか。この順番なら1号はもっと小さくなるだろう。2013/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1750237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。