シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 新しい旧石器研究の出発点・野川遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
新しい旧石器研究の出発点・野川遺跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 06時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787710345
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

東京の郊外、武蔵野台地の西南縁を流れる野川のほとりで、日本の旧石器時代研究史を画する大規模調査がおこなわれた。列島で初めて一〇枚にもおよぶ旧石器文化層の存在を明らかにした画期的発掘と、そこからわかった旧石器時代の集落の全容とその変遷を解説する。

目次

第1章 赤土のなかの人類遺跡(赤土に顔を出した黒曜石;野川遺跡の発見)
第2章 新しい発掘調査の挑戦(発掘の前史;キダー博士の活躍;大規模発掘と層位的発掘;自然科学的手法の導入)
第3章 野川遺跡の旧石器文化(旧石器集落を復元する手がかり;三つの文化期と一〇枚の文化層;武蔵野台地に栄えた旧石器文化)
第4章 野川遺跡が語るもの(野川編年から全国編年へ;野川流域遺跡の再評価)
第5章 野川遺跡の縄文文化(縄文の集落と縄文人の道具箱;野川縄文文化の展開;野川遺跡発掘後記)

著者等紹介

小田静夫[オダシズオ]
1942年、東京生まれ。國學院大學文学部卒業、明治大学大学院文学研究科博士前期課程修了、文学博士(総合研究大学院大学)東京都教育庁勤務後・定年退職。2005年、岩宿文化賞を受賞。2009年、伊波普猷賞を受賞。現在、東京大学総合研究博物館研究事業協力者、東京大学教養学部非常勤講師など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

10
捏造された旧石器時代の遺跡が考古学界を席巻していた時代に、学会からは村八分となりながらも辛抱強く批判を続けていた著者による「新しい旧石器研究の出発点」。そろそろ、他の考古学者が、どのように「転向」したのかを総括するノンフィクションが出てきて欲しい。2019/10/14

百石

1
ICU構内に遺跡が多くあって驚きます。2011/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2391629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。