和製英語と日本人―言語・文化接触のダイナミズム

個数:

和製英語と日本人―言語・文化接触のダイナミズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 05時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787710093
  • NDC分類 830.4
  • Cコード C1039

内容説明

和製英語は悪者ではない。美しい日本語の汚染、英語習得の障壁と非難される「カタカナ英語」。しかし、それは新たな文化の創造に寄与しつづけていることを、アメリカ人言語・文化人類学者が、日常会話や広告、Jポップの歌詞など豊富な事例から解き明かす。

目次

1 和製英語とは何か
2 英語で新たな声をあげる日本女性たち
3 「記号帝国」日本、視覚に訴えかける英語
4 英語との接触に苦闘してきた日本人
5 刺激されるアイデンティティ、ナショナリズム
6 世界の英語・日本の英語

著者等紹介

スタンロー,ジェームズ[スタンロー,ジェームズ][Stanlaw,James]
1953年、アイオワ州ダーヴェンポート生まれ。北イリノイ大学修士課程修了(人類学・東南アジア)。イリノイ大学アーバナ・シャンペーンPh.D.取得(人類学)。現在、イリノイ州立大学教授。文化人類学・言語人類学・認知人類学・日本

吉田正紀[ヨシダマサノリ]
1945年、神奈川県生まれ。立教大学大学院文学研究科地理学専攻修士課程修了(人類学・オセアニア)。イリノイ大学アーバナ・シャンペーンPh.D.取得(人類学)。現在、日本大学国際関係学部教授。文化人類学・医療人類学・東南アジア研究・国際文化論

加藤将史[カトウマサシ]
1979年、埼玉県生まれ。桜美林大学文学部英米文学科卒業。イリノイ州立大学社会学部修士課程修了(MS)。現在、イリノイ州エバンストンにあるRotary Internationalに所属。日本語翻訳・言語学担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

13km

0
日本語の行く末が気にる方も、そうでない方も、言語に対する新たな発見に興味がわかざるを得ない。2012/04/06

尾原道場

0
幕末の開国当時や、戦後占領下の日本で娼婦たちが米軍人相手にどのような英語を話していたのか気になっていましたが、納得です。2011/12/07

HolySen

0
広告が和製英語使いまくり、「マイ」は個人主義の緩和⇒和製英語は緩和、シンボリックな表現:公的・私的表現と公的・私的シンボルのマトリクス、和製英語はジャーゴン、松任谷由実と俵万智、記号大国日本:5つの文字を使う日本語、英語がどのように日本に入ってきたか、和製英語のでき方:①短縮②頭文字と省略形③合成語・複合語④接辞(添加)、言語が文化を侵食(グローバル化)、逆に日本人は日本語に自信、世界から見た英語の位置づけと日本の英語の話:言語的不平等等々。筆者的には英語は日本式に再異国情緒化されたリメイドインジャパン。2011/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/638559
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。