概念としての家族―家族社会学のニッチと構築主義

個数:

概念としての家族―家族社会学のニッチと構築主義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 01時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787710017
  • NDC分類 361.63
  • Cコード C1036

内容説明

制度としての「家族」に回収しきれない、人々の家族をめぐる経験。そうした個人的で、そしておそらく瑣末で、場合によってはとるに足らないようなものであるかもしれない経験の社会学を求めて。家族を成し遂げる人々の多様な実践。社会構築主義の立場から家族を考える。

目次

第1章 家族社会学の「多様化」と社会構築主義
第2章 日本における「標準理論」の受容過程―「核家族論争」再考
第3章 家族機能をめぐる諸問題―家族社会学の論理と人々の方法
第4章 家族社会学のニッチ
第5章 家族であることを支援する―「家族支援」の技巧的な実践
第6章 福祉的支援のエスノグラフィー

著者等紹介

木戸功[キドイサオ]
1968年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。早稲田大学人間科学部助手、日本学術振興会特別研究員、立教大学、和光大学、聖心女子大学などの非常勤講師を経て、札幌学院大学人文学部准教授。専門は家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。