ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性

個数:

ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 03時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 356,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787709158
  • NDC分類 664.78
  • Cコード C1036

内容説明

水産資源の減少と利用規制が議論されるなか、ナマコをめぐるエコ・ポリティクスを追う。グローバルな生産・流通・消費の現場を歩き、資源利用者が育んできた固有の文化をいかに守り、地球主体の資源管理を展望できるのかを考えた。

目次

ナマコをめぐるエコ・ポリティクス―環境主義下の世界に生きる
1 エコ・ポリティクスとコモンス(ダイナマイト漁の構図―環境問題への視角;ガラパゴスの「ナマコ戦争」―資源管理の当事者性)
2 ナマコを獲る(フィリピンのナマコ漁―マンシ島の事例から;日本のナマコ漁―北海道と沖縄の事例から)
3 ナマコを食べる(イリコ食文化―歴史と現在;中国ナマコ市場の発展史―大連の市場調査を中心に;ソウルのナマコ市場―チャヂャミョンとタマナマコ;イリコ・イン・アメリカ―グローバル化時代のナマコ市場)
4 ナマコで考える(同時代をみつめる眼―鶴見良行のアジア学とナマコ学;サマ研究とモノ研究)
生物多様性の危機と文化多様性の保全

著者等紹介

赤嶺淳[アカミネジュン]
1967年、大分県生まれ。1996年、Ph.D.(フィリピン学、フィリピン大学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、国立民族学博物館COE研究員を経て、名古屋市立大学人文社会学部准教授。東南アジア地域研究、海域世界論、フィールドワーク技術論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イボンヌ

8
ナマコをめぐるフィールドワーク。ナマコをめぐる多様性と可能性。松茸と同じく希望の光になりそうです。 2021/01/10

ヒナコ

4
東南アジアの島嶼部世界の海洋ネットワークと、乾燥ナマコの流通を軸に展開される、ダイナミックな人類学。 鶴見良行の『ナマコの眼』の視点を受け継ぎ、著者は環太平洋地域一帯を、ナマコを求めてフィールドワークしている。そうした過程で見えてくるのは、現代資本主義の世界システムである。→2020/06/03

Hiroki Nishizumi

2
自分にとってナマコ本と言えば鶴見良行であるが、その思想、方法論ばかりか社会科学的ナマコ研究そのものの後継者が現れていたとは知らなかった、驚いた。導入部は地球環境としてのエコ・ポリティクスから入り、そしてナマコ漁の歴史と現状について実に丁寧に調べている。干しナマコは中華料理くらいしか利用しないが、その需要元である中華料理についてもヌーベル・シノワーゼの盛行などの報告も怠っていない。文章も幅があり読んでいて引き込まれる。他の著書、あるいはフィールドワーク記録についても読みたくなった。良かった!2014/09/01

メルセ・ひすい

2
13-124 赤61 華僑のカネと胃袋 乱獲と珍味の危機 ダイナマイト漁と華僑とカネ  水産資源の減少と利用規制が議論される中、ナマコのグローバルな生産・流通・消費の現場を歩き、資源利用者が育んできた固有の文化をいかに守り、地域主体の資源管理を展望できるのかを考える。                   2010/07/22

バカ殿。

1
鶴見良のパクリかと思ったら違うね、綿密な調査だ2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/599036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。