谷中村事件―ある野人の記録・田中正造伝 (新版)

個数:

谷中村事件―ある野人の記録・田中正造伝 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 10時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787709141
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

「田中正造が谷中村に身を投じたのは、明治三十七年七月三十日のことで、老齢六十四歳であった。この日から、農民と起臥をともにし、農民の困苦を困苦とする新しい境涯がはじまった。」―足尾銅山鉱毒問題の天皇への直訴後、田中正造は鉱毒・水害対策の名目で遊水地にされる谷中村に移り住んだ。行政による強制破壊への策謀とたび重なる洪水の中で、村の復活を信じる正造と残留農民のぎりぎりの抵抗と生活を描き切った名作。

目次

正造谷中村に入る
東京の同情者
谷中村事件の発端
村の幹部派と正義派
正造白仁知事に説く
利島村石井清蔵の知事謀殺未遂疑獄
買収反対の講説会
風呂場の述懐
村民堤防修築費に悩む
川辺利島義捐人夫の来援
修築工事の竣工
正義派から脱落者の続出
土木吏たちの出没
平民社の人々
森の中の買収対策相談会
総代陳情に上京す
東京の焼打事件
左部の疾走
知事官邸の密談
集団移住はじまる
那須野の移住民
島田宅に於ける正造と木下の対話
哀れな凱旋勇士
相つぐ移住と人心の動揺
正造、急水留工事に奔走
廃村の諮問案を否決す
急水留工事の破壊命令
正造と村の子供たち
新紀元社の講演〔ほか〕

著者等紹介

大鹿卓[オオシカタク]
1898年、愛知県海東郡津島町生まれ。三歳の時に一家で東京に移り住み、東京府立一中を経て、秋田鉱山専門学校卒業。その後、京都帝国大学経済学部を中退し、1922年に東京府立第八高女の化学教師になる(35年に退職)。1924年、兄の金子光晴らとともに雑誌「風景画」を創刊。「抒情詩」「日本詩人」などに詩を発表。26年、詩集『兵隊』を刊行。33年、太宰治らと同人誌「海豹」を発刊。39年、尾崎士郎らと「文芸日本」を創刊

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年、熊本県天草生まれ。出生直後、水俣に移り住み、1969年、『苦海浄土わが水俣病』を刊行。水俣のことばをもちい、患者の視点から水俣病を描き切る。74年に『天の魚』を、76年に『椿の海の記』を刊行し、水俣病を描いた三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。