子育て支援 制度と現場―よりよい支援への社会学的考察

個数:

子育て支援 制度と現場―よりよい支援への社会学的考察

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787709028
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C1036

出版社内容情報

産婦人科医や周産期医療の不足にみられるように出産・子育てはますます高リスクのものとなりつつあり、政府の少子化対策は有効に機能していない。現在の支援制度はなぜ機能しないのか、親はどんな支援を求めているのか、乳幼児期の発達にはどんな支援が必要なのかを明らかにする。

内容説明

政府は少子化対策として、子育て中の家庭全体を支援の対象にしはじめたが、子育ての負担感・不安感はいっこうに解消しない。今、どのような支援が求められているのだろうか。当事者の視点から社会学的に明らかにする。

目次

私たちの出産・子育て体験―個人的なことは社会的なこと
1 子育て支援の制度(子育ての現状―子どもと母親のおかれている状況;子育て支援制度の現状―少子化対策としての子育て支援;保育「制度」の基本問題―「保育に欠ける」は時代遅れ;「育児する父親」像の創出―育児に参加する父親は理想的な父親か)
2 子育て支援の歴史(認可外保育施設からみる保育の戦後史(1)―共同保育から保育室の制度化へ
認可外保育施設からみる保育の戦後史(2)―認可保育所一本化対策
認可外保育施設からみる保育の戦後史(3)―保育のサービス化)
3 子育て支援の現場(保育所、幼稚園、認定子ども園―就学前の子どもたちが通う場;夜間保育所―制度からこぼれ落ちる家族への支援;家庭福祉員(保育ママ)―乳児の家庭的保育
子ども家庭支援センター―地域の子育て支援事業)
4 子育て支援の背景(仕事を続けるか、専業主婦になるか―高学歴女性の出産後の労働状況;子持ち女性も「パラサイト」しているのか―それとも相互依存か契約か;子どもの発達と社会―「子育て」から「子育ち」の視点へ)
5 子育て支援の将来を考える(これからの子育て支援)

著者等紹介

白井千晶[シライチアキ]
1970年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得満期退学。現在、大妻女子大学・首都大学東京・東洋大学・早稲田大学非常勤講師。専門は家族社会学、医療社会学

岡野晶子[オカノアキコ]
1968年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。現在、東京女学館大学非常勤講師。専門は心理・社会学、福祉の視点からの人間発達論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。