メキシコ時代のトロツキー―1937‐1940

個数:

メキシコ時代のトロツキー―1937‐1940

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月28日 14時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787707017
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1022

内容説明

スターリンにソ連邦を追放され、世界各地を流浪した末に暗殺されたロシア革命の英雄レフ・トロツキー最後の3年半を過ごした亡命地メキシコの人間模様と当時の社会情勢を、画家フリーダ・カーロとの恋愛など豊富なエピソードを交えながら鮮やかなドラマとして描きだす。スターリンによる戦慄のトロツキー暗殺計画の全容も再現するなかから、ロシア革命の何が誤りだったのか、人類はどのような教訓が得られるのかを同時に探る。

目次

第1章 トロツキー追放
第2章 メキシコ 一九二〇~三〇年代
第3章 ロンドレス通りの「青い家」時代
第4章 トロツキーとメキシコ政治
第5章 暗殺者の接近
第6章 要塞―ビエナ通りの家
第7章 トロツキー暗殺
補論 クロンシュタット叛乱とトロツキー
終章 スターリニズムとトロツキズム

著者等紹介

小倉英敬[オグラヒデタカ]
1951年大阪府生まれ。1982年青山学院大学大学院博士課程中退。1986年外務省入省。中南米局、在キューバ大使館、在ペルー大使館、在メキシコ大使館勤務を経て、1998年末退官。常磐会学園大学国際コミュニケーション学部教授、国際基督教大学教養学部講師(ラテンアメリカ思想史・社会運動史、国際関係論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

泉 勇一郎

2
退屈だった。何と言うか、格別、特別な話が書かれている訳でもなく、ページ数を稼ぎたいのか、話が横路にズレてばかりで、何度も読み直さなくてはならなかったよ。中古の古本として購入したから良いようなものの、定価が三千円だと、それってどうなんでしょうねぇ…って気分にもなります。 評価は付けられず保留と言う事で。ハイ… しかし、古今問わず、左翼と言うものは、反抗期の子供と言うか、永遠のマスターベーションというか、どうしてホント、自分達の事しか何も考えていないんだなぁ。2019/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1527488

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。