シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 古代祭祀とシルクロードの終着地 沖ノ島

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
古代祭祀とシルクロードの終着地 沖ノ島

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 03時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787705334
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

玄界灘に浮かぶ孤島・沖ノ島。照葉樹林におおわれた巨岩群に古代祭祀の世界が残されている。岩上・岩陰の“神殿”とそこにおかれた貴重な奉献品の数々は何を意味するのか。大陸・韓半島の遺跡・遺物との比較検討から、沖ノ島祭祀遺跡の意義を明らかにする。

目次

第1章 神体島、沖ノ島(玄界灘の孤島、沖ノ島;神域への序章 ほか)
第2章 沖ノ島の発掘(学術調査のスタート;巨岩上の調査 ほか)
第3章 豊かな遺物とその祭祀(岩上の神殿;岩陰の神殿 ほか)
第4章 沖ノ島をめぐる国際情勢(沖ノ島祭祀に注目した二人の学者;沖ノ島と百済 ほか)

著者等紹介

弓場紀知[ユバタダノリ]
1947年、奈良県生まれ。1973年、九州大学大学院文学研究科修士課程修了。京都橘大学文学部文化財学科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

11
これ読んだらめちゃめちゃ行きたくなったんだけど、もはや上陸すること自体が不可能ってことなのかな。。。https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H4R_V10C17A7CC1000/2019/02/01

りー

9
祭祀跡の細かい図面や、巨石群の立体模型写真などが詳しく解説されています。沖の島の発掘や研究の流れをざっくり掴むには良い本。図版も豊富。それにしても、朝鮮半島とのつながりを感じる遺物が沢山。うーん。「日本」というくくりの中で古代史を考える限界を感じる。特に百済のことをもっと知りたくなってきました。2019/08/18

Windseeker

5
宗像大社の沖津宮がある沖ノ島遺跡に興味を持ったので購入。新泉社の「遺跡を学ぶ」シリーズは、きちっとした学者による、手軽で読みやすい入門書が欲しい時にはうってつけで、さっと読めるボリュームと豊富で鮮やかな写真に惹かれて、しばしば買い求めている。今回も期待を裏切られず、日本とアジアとの架け橋にあたるロケーションを取り扱っているだけに、知的好奇心を大いに刺激された。2012/05/03

Masataka Sakai

0
日本は古い国家なのです2015/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1838803

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。