シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 描かれた黄泉の世界・王塚古墳

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
描かれた黄泉の世界・王塚古墳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 01時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787704405
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

全国で約六〇〇基発見されている装飾古墳のなかで、図文の複雑さと華麗さにおいて比類のない九州北部・筑豊地方の王塚古墳。石室を埋めつくす図文は何を意味するのか、壁画制作の背景に何があるのか。広く朝鮮・中国におよぶ壁画古墳研究から追究する。

目次

第1章 王塚古墳の発見
第2章 王塚古墳の構造
第3章 装飾古墳の世界
第4章 王塚の壁画を読む
第5章 王塚の壁画を生み出したもの
第6章 壁画保存への苦難の歩み

著者等紹介

柳沢一男[ヤナギサワカズオ]
1947年生まれ。国学院大学文学部史学科卒業。福岡市教育委員会での埋蔵文化財行政(比恵遺跡、鋤崎古墳などの調査、埋蔵文化財センター勤務)などを経て、宮崎大学教育学部、考古学を担当。現在、宮崎大学教育文化学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

72
驚きの連続です。壁画装飾の白眉という評価は今後も変わることはない。全国で約600基発見されている装飾古墳の中で、図文の複雑さと華麗さにおいて比類のない九州北部・筑豊地方の王塚古墳について書いたものです。王塚古墳の最大の特徴は、石室のほぼ全面に施された壁画です。描かれている図像は馬、靫、盾、刀、弓などのほか双脚輪状文、蕨手文、三角文、円文などの幾何学的文様。日本で確認されている装飾古墳の壁画で使われている色は6色(赤・黄・緑・青・黒・白)あるが、そのうち青を除く5色が使われており、国内最多です。🌿続く→2021/07/22

月をみるもの

10
こないだ地元の虎塚古墳の一般公開 ( https://twitter.com/bamboo4031/status/1074298085721878529 ) に行ってきた。来年の春か秋には、小学生の時に「暗黒神話」を読んで以来の夢である九州装飾古墳ツアーをぜひ実現したい。https://bookmeter.com/books/4654392018/12/16

kei

4
発表のために斜め読み。装飾古墳について調べていた途中。古墳自体の華麗さにも驚いたが、報告書や実測図のクオリティにもため息。報告書の実物も後日見る機会があったが、これはもう...大変なものでありました。2012/07/02

海辻

3
1934年に九州北部・筑豊地方で発見された王塚古墳。装飾古墳の中でも群を抜く壁画の数々を、鮮やかな復元図で紹介。石室内部の構造や、描かれた図紋の共通性から肥後や和歌山の古墳との関連を察し、天井画の星宿図や騎馬図から高麗の絵師の関与も考証。現在は退色してしまったという壁画ですが、本誌の中に再現された石室内部一面に描かれた世界に、ただ圧倒されました。2010/09/24

misui

2
写真集だと思ってたけど結構文章が多めの本だった。レプリカを見に行くしかないか。2010/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。