シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 氷河期を生き抜いた狩人・矢出川遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
氷河期を生き抜いた狩人・矢出川遺跡

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年12月04日 12時46分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787704399
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

長野県八ヶ岳野辺山高原、標高一三〇〇メートルを越す矢出川遺跡から、一万数千年前の後期旧石器が大量に見つかった。氷河期末の高原に狩人たちは何を求めてやってきたのか。細石刃と呼ばれる小さな石器から、彼らの移動生活と適応戦略に迫る。

目次

第1章 高原のフィールドワーク(野辺山高原;地を這う分布調査 ほか)
第2章 細石刃とは何か(すぐれた石器、細石刃;かたちと機能 ほか)
第3章 矢出川の古環境(氷期の古環境;人びとの生活を支えた石材資源)
第4章 氷期の資源に残された遺跡の謎(移動する民;高原に残された遺跡の謎 ほか)

著者等紹介

堤隆[ツツミタカシ]
1962年生まれ。東海大学文学部卒業。国学院大学大学院博士課程後期修了。博士(歴史学)。1992年、在野の考古学研究者に贈られる藤森栄一賞を受賞。現在、長野県御代田町浅間縄文ミュージアム学芸員。八ケ岳旧石器研究グループ代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

10
天文台から、こんな近くなのに、なんで観測行ったときによらなかったのだろうか?>矢出川遺跡 https://goo.gl/maps/KDe9G5venS93MyLm72019/07/27

榊原 香織

0
野辺山の遺跡2020/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1151145

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。