• ポイントキャンペーン

字が話す目が聞く―日本語と要約筆記 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787585868
  • NDC分類 378.28
  • Cコード C0037

内容説明

人間にとって欠かすことができない日々の「コミュニケーション」「情報の伝達」について改めて見なおし、そのコミュニケーションの場で「文字」が“話す”「要約筆記(通訳)」のアウトラインを紹介。また、要約筆記(通訳)や手話通訳を対象にした日本語講座でのテキストやノートをもとに、著者なりの「日本語」の俯瞰図を描き、その中でコミュニケーションにおける「要約」の役割についても考える。

目次

1 コミュニケーション(コミュニケーションの変遷;聴覚障害者の現状;要約筆記のあらまし)
2 楽しく字が話す(日本語の特質―5つの変化と5種類の文字;日本語の機能―不思議な語順;日本語の用法―わかる・ちぢめる・書く話す)

著者等紹介

上村博一[ウエムラヒロカズ]
1937年福岡生まれ、のち奈良へ。1960年京都大学法学部卒業。NHKで報道畑を歩む。報道局チーフプロデューサー、NHKネットワーク専門委員など。記者、ディレクターとしてニュース番組のデスクを担当。1989年、フリーのディレクターとなり、NHK手話ニュースに、その発足時から、山城秀生らとともに尽力した。その後、友人たちと、聞こえに障碍を持つ人々のためのボランティア団体「おだまきの会」を立ちあげ、12年にわたり「おだまき賞」の贈呈、手話ビデオ制作、要約筆記の普及など地道な活動をつづけたが、ガン治療のためにこれらの仕事から退いた。3年間の闘病の末、元気を回復、現在、要約筆記者を対象にした「日本語講座」の講師をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。