政岡憲三『人魚姫の冠』絵コンテ集

個数:

政岡憲三『人魚姫の冠』絵コンテ集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月19日 09時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784787274090
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

内容説明

名作『くもとちゅうりっぷ』を作り上げ「日本アニメーションの父」とも呼ばれる政岡憲三。彼が晩年にアニメーション化を構想した『人魚姫の冠』の絵コンテやデッサンをフルカラーで所収して、日本アニメーション史上、きわめて貴重な資料の全貌を明らかにする。

目次

はじめに―政岡憲三とは?(萩原由加里)
政岡憲三『人魚姫の冠』絵コンテ
『人魚姫の冠』の絵コンテを読み解く(萩原由加里)(『人魚姫の冠』とは;『アンデルセン童話集』を手がかりに―ストーリーと設定を知るヒント;絵本を手がかりに―さらなるストーリー展開のヒント;時代考証―政岡が求めた「珍しさ」と「美しさ」を読み解く;政岡による独自の物語;なぜ人魚姫は昇天できたのか?―「エロス」と「アガペー」の葛藤;あとがきにかえて)
わたしたちにとっての政岡憲三さん(高畑勲)

著者等紹介

政岡憲三[マサオカケンゾウ]
1898年生まれ、1988年没。1930年代から40年代にかけての漫画映画業界で活躍し、現在では「日本のアニメーションの父」と呼ばれている。戦後は日本動画社の設立にも関わり、森康二らを育てる。アニメーションを離れた後は、挿絵画家として活動する。代表作は『くもとちゅうりっぷ』(1943年)

萩原由加里[ハギハラユカリ]
1979年生まれ。立命館大学文学部史学科一貫制博士課程日本史専攻卒業。立命館大学大学院先端総合学術研究科表象領域修了。京都精華大学、甲南女子大学ほか非常勤講師。著書、共著などもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1930年代、日本のアニメーション業界でいち早くセル画を導入し、さらには本格的なトーキーアニメーションの制作に取り組み、名作『くもとちゅうりっぷ』(1943年)を作り上げた政岡憲三。「日本アニメーションの父」と呼ばれ、戦後は後進の育成などに力を注ぎ、アニメーション制作から遠ざかったとされていたが、晩年に温めていた構想があった。それが幻のアニメーション作品『人魚姫の冠』である。



『アンデルセン童話集』の「人魚姫」から着想を得た『人魚姫の冠』。政岡自身の手によるその絵コンテやデッサンをフルカラーで所収して、どのような構想から『人魚姫の冠』をアニメーション化しようとしたのかも解説する。



日本アニメーション史上、きわめて貴重な資料の全貌を明らかにする。



映画監督・高畑勲による「わたしにとっての政岡憲三さん」も所収。