日本の吹奏楽史1869-2000

個数:

日本の吹奏楽史1869-2000

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月23日 19時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787273444
  • NDC分類 764.6
  • Cコード C0073

内容説明

サックスやトランペットによる軽快な音色が人々の心を躍らせる吹奏楽。明治期に軍楽隊として発展し、大正・昭和期には学校教育や職場など、プロ・アマチュアの垣根を超えて社会に広がっていった歩みをたどる。吹奏楽曲創作の歴史や軍楽隊の変遷などの基礎知識、ポピュラー音楽への影響などコラムもためになる、吹奏楽の過去といまがわかる入門書。

目次

序章 吹奏楽の近現代史
第1章 多様化する吹奏楽―三越少年音楽隊の活動と新たな音楽文化の形成
第2章 スクールバンドと吹奏楽の普及
第3章 「職場の吹奏楽」の誕生と展開
第4章 精神生活への「社会政策」としての吹奏楽の誕生―一九三〇年代の青年とイベントを手がかりに
第5章 吹奏楽の戦後と現在
概論 吹奏楽曲創作の歴史
概論 日本の吹奏楽と軍楽隊の変遷―黎明期から戦後まで

著者等紹介

戸ノ下達也[トノシタタツヤ]
1963年、東京都生まれ。洋楽文化史研究会代表幹事。専攻は近・現代日本音楽史。演奏会の企画・プロデュースにも注力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。