視覚文化叢書<br> 映画というテクノロジー経験

個数:
電子版価格 ¥3,888
  • 電書あり

視覚文化叢書
映画というテクノロジー経験

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年03月23日 15時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787272942
  • NDC分類 778.04

内容説明

誕生から現在まで私たちを魅了し続けている映画。しかし、映画はもはや単にスペクタクルな娯楽としてだらしなく消費されて閉塞状況にある。その現状を打破するために、リュミエール映画に触覚的経験を、山中貞雄にテクノロジーのリズムを、D・W・グリフィスにフィクションの力を、小津安二郎に時間的想像力を見出すことで、映画に伏在する革命的な可能性を解放する。

目次

第1部 リュミエール映画の考古学(リュミエール映画の考古学―「自生性」の発見;リュミエール映画の神話学1―『列車の到着』の神話学 ほか)
第2部 テクノロジー、身体、古典映画(テクノロジー経験としての映画―戦争、全体主義、そして生命のリズム;テクノロジーのリズムと物語映画―山中貞雄、マキノ雅弘、ハワード・ホークスをめぐって ほか)
第3部 映画におけるフィクション(検閲の誕生―大正期の警察と活動写真;フィクション映画の「社会性」とは何か―D.W.グリフィスをめぐって)
第4部 時間的想像力の可能性(映画、時間、小津;記憶と忘却の経験としての映画 ほか)

著者紹介

長谷正人[ハセマサト]
1959年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専攻は映像文化論、コミュニケーション論、文化社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)