日本ローカル放送史―「放送のローカリティ」の理念と現実

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

日本ローカル放送史―「放送のローカリティ」の理念と現実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 375p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787234933
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0036

出版社内容情報

地域性や各地の文化・風土を重視するテレビやラジオのあり方を指す「放送のローカリティ」は、放送と民主主義の関係を支える重要な理念として参照されてきた。



一方で、戦前から通底する行政手法、地方紙や自治体を中心にした戦後の運営主体、中央集権的な(キー局中心的な)放送ネットワークなどにより、放送と地域の関係は常にきしみも見せてきた。



戦前のラジオ放送から戦後のテレビの登場、ローカルテレビ局の開局と系列化、BSデジタル放送の開始、地上デジタル放送の移行という歴史をローカル放送の制度・組織・番組という視点から検証して、放送のローカリティの理念と実態が乖離してきた実情を明らかにする。



多くの史料を渉猟し関係者にインタビューをして、放送と地域の近・現代史を実証的に描き、今後のローカル放送のあり方を指し示す。



目次

はじめに

第1章 「放送のローカリティ」へのアプローチ

第2章 戦前・戦中期の「放送のローカリティ」

第3章 日本型「放送のローカリティ」の形成

第4章 日本型「放送のローカリティ」の変容

第5章 県域免許をめぐる放送の従属と独立

第6章 制度・組織・番組

第7章 3つの「放送のローカリティ」

おわりに

あとがき

内容説明

戦前のラジオ放送から戦後のテレビの登場、ローカルテレビ局の開局と系列化、BSデジタル放送の開始、地上デジタル放送への移行という歴史をローカル放送の制度・組織・番組という視点から検証して、放送のローカリティの理念と実態が乖離してきた実情を明らかにする。

目次

第1章 放送のローカリティへのアプローチ
第2章 戦前・戦中期の放送のローカリティ
第3章 日本型の放送のローカリティの形成
第4章 日本型の放送のローカリティの変容
第5章 県域免許をめぐる放送の従属と独立
第6章 制度・組織・番組
第7章 三つの放送のローカリティ

著者等紹介

樋口喜昭[ヒグチヨシアキ]
1971年、カナダ・エドモントン生まれ(宮城県仙台市出身)。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程修了。博士(ジャーナリズム)。東海大学文化社会学部広報メディア学科特任教授、タルタルビジョン代表取締役。専攻は放送史、メディア技術、映像制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。