応援の人類学

個数:
  • 予約

応援の人類学

  • ご予約受付中
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ◆通常、発売日にウェブストアから出荷となります。
    ◆指定発売日のある商品は発売前日にウェブストアから出荷となります。
    ◆一部商品(取り寄せ扱い)は発送までに日数がかかります。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆表示の発売日や価格は変更になる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判
  • 商品コード 9784787234810
  • Cコード C0036

出版社内容情報

ひいきのプロ野球チームを熱烈に応援して勝敗に一喜一憂し、アイドルを追っかけてオタクの生活に浸る。応援団のリードに手拍子を合わせる。応援団としてファンを統制する。



他者を激励して成功を自分のものとし、失敗を自分の責任のように背負い込む応援するという行為を、どういう心性が支えていて、生活にどのように位置付けているのだろうか。大学応援団の実態や、スポーツと芸能の現場――特にプロ野球の私設応援団と、親衛隊からヲタ芸まで――をフィールドワークに基づいて分析し、選手・演じ手と観客との関係を考察する。



大学応援団の歴史や因習に縛られた上下関係、「男の世界」に女性が入り込んで生じるジェンダー問題、伝統校の新入生へのイニシエーション行為、それらが時代とともに変貌するさまを解明する。



また、プロ野球の私設応援団が引き起こした事件と無秩序の実態、その後の統制と管理、トライアスロンなどの参加型スポーツイベントの地域住民と参加者の交流、さらには伝統芸能とアイドルに熱狂する忘我現象とは何か、にも迫る。



応援文化を多角的に描くことで、「他者によって自分の存在を確認する応援という行為」を照らし出す。



目次

 序 章 野次、喝采そして応援(丹羽典生)

 第1章 共感と感情的昂揚からみる応援・支援(風間計博)

第1部 応援する組織――大学応援団を中心に

 第2章 日本の大学応援団の原型(丹羽典生)

 第3章 日本の大学応援団での女性応援部門の創設と展開(吉田佳世)

 第4章 大学応援団における吹奏楽(戸田直夫)

 第5章 伝統校という歴史空間を構築する応援団(瀬戸邦弘)

 第6章 時代を映す鏡としての応援団(小河久志)

第2部 応援する人/される人の関係――スポーツと芸能の場から

 第7章 集合的応援における統制と管理 (高橋豪仁)

 第8章 バンクーバー暴動とは何だったのか (立川陽仁)

 第9章 応援に表象される参加型スポーツイベントの定着化 (山田亨)

 第10章 演じる見物の諸相 (笹原亮二)

 第11章 アイドルを声援することの系譜学(難波功士)