フーディー―グルメフードスケープにおける民主主義と卓越化

個数:

フーディー―グルメフードスケープにおける民主主義と卓越化

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月11日 19時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 440p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787234735
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0036

出版社内容情報

食を自分のアイデンティティやライフスタイルとして捉える人々=フーディー。その言葉や存在は、TBSドラマ『グランメゾン東京』や三越伊勢丹運営の食メディア「FOODIE」、雑誌の特集で、日本でも知られるようになった。



高級店を訪れる一方、オーガニック食品やローカルフード、「手作り」にも引かれ、郷土料理やエスニック料理も味わう。「良い食べ物」を食べて学ぶことに強い関心をもつ彼/彼女たちの実態とは、いったいどのようなものか。



現代アメリカのフーディーの生活世界、セレブシェフへの熱狂、レストラン批評やフードブログの隆盛に、雑誌記事やテレビ番組、フーディー当事者へのインタビューから多角的に迫る。そして、「食の民主化」と「エキゾチシズム・真正性への希求」という食文化の両義性と、両者の緊張関係を析出する。



フーディーをめぐる食文化から階級や人種、ジェンダーの問題系を浮き彫りにして、そこに潜む社会的な不平等や雑食的な文化資本、卓越化の戦略を明らかにする「食の社会学」。

内容説明

食を自分のアイデンティティやライフスタイルとして捉える人々=フーディー。アメリカにおける彼/彼女たちの生活世界を、雑誌やテレビ、インタビューから明らかにして、その食文化に潜む社会的な不平等や雑食的な文化資本のあり方、卓越化の戦略を考察する。

目次

序論 フーディーのおいしい世界に足を踏み入れる
第1章 フーディー・オムニボア・言説
第2章 真正性を食べる
第3章 料理上の他者―エキゾチシズムの探求
第4章 フーディーをめぐる政治―これはおいしい革命だ!
第5章 階級と階級の不在
第6章 食に心を配る―フーディーのキッチンに見るジェンダー実践
結論 フーディーの連続性・変化・道徳的両義性

著者等紹介

ジョンストン,ジョゼ[ジョンストン,ジョゼ] [Johnston,Jos´ee]
トロント大学社会学部教授

バウマン,シャイヨン[バウマン,シャイヨン] [Baumann,Shyon]
トロント大学社会学部教授

村井重樹[ムライシゲキ]
島根県立大学総合政策学部准教授。専攻は理論社会学、文化社会学

塚田修一[ツカダシュウイチ]
相模女子大学学芸学部講師。専攻はメディア文化論、都市研究

片岡栄美[カタオカエミ]
駒澤大学文学部教授。専攻は文化社会学、教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。