青弓社ライブラリー<br> まぼろしの「日本的家族」

個数:

青弓社ライブラリー
まぼろしの「日本的家族」

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年01月19日 21時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787234377
  • NDC分類 361.63
  • Cコード C0336

内容説明

昨今の政治はなぜ、現実に適合しない家族モデルを押し付けようとするのか?家族観の歴史的な変遷、結婚制度・税制・教育に通底する家族像、憲法24条改悪―フェイクな家族モデル=「伝統的な家族」を追い求める「斜め上」をいく事例を多角的に検証する。

目次

第1章 「日本的家族」のまぼろし
第2章 右派の「二十四条」「家族」言説を読む
第3章 バックラッシュと官製婚活の連続性―「女性活躍」の背後で剥奪されるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ
第4章 税制と教育をつなぐもの
第5章 家庭教育への国家介入の近代史をたどる
第6章 在日コリアンと日本人の見えにくい「国際」結婚の半世紀
第7章 憲法二十四条改悪と「家族」のゆくえ

著者等紹介

早川タダノリ[ハヤカワタダノリ]
1974年生まれ。フィルム製版工などを経て、現在は編集者として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2012年に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」に明らかなように、改憲潮流が想定する「伝統的家族像」は、男女の役割を固定化して国家の基礎単位として家族を位置づけるものである。



右派やバックラッシュ勢力は、なぜ家族モデルを「捏造・創造」して幻想的な家族を追い求めるのか。



「伝統的家族」をめぐる近代から現代までの変遷、官製婚活、結婚と国籍、税制や教育に通底する家族像、憲法24条改悪など、伝統的家族を追い求める「斜め上」をいく事例を批判的に検証する。

はじめに 早川タダノリ



第1章 「日本的家族」のまぼろし 早川タダノリ

 1 日本国憲法が「一家の団欒」を破壊した? 

 2 「食卓崩壊」?

 3 「食卓」像の謎

 4 国策としての「食卓の団欒」

 5 「日本国憲法」以前の家族理念

 6 「家族が仲睦まじく暮らしてきた日本人」バージョン

 7 「家制度の復活ではない」という言い訳

 8 「わが国の伝統的な家族観が基本」とは?

 9 情緒的な「家族の絆」の実体はネオリベ……



第2章 右派の「二十四条」「家族」言説を読む 能川元一

 1 改憲論の現状と二十四条

 2 二十四条改憲派は何を主張しているのか

 3 右派にとって「家族」とは?

 4 「自然な」家族とは?



第3章 バックラッシュと官製婚活の連続性――「女性活躍」の背後で剥奪されるリプロダクティブ・ヘルス/ライツ 斉藤正美

 1 安倍政権の官製婚活の問題――「三十五歳以上の女はいらない」

 2 中高生向け冊子に見るジェンダー・家族像の変容

 3 バックラッシュが与えた影響



第4章 税制と教育をつなぐもの 堀内京子

 1 税制で誘導される家族のかたち

 2 親学は「国家親道」を目指すのか



第5章 家庭教育への国家介入の近代史をたどる 奥村典子

 1 一九三〇以前の「家」の観念と家族の特質

 2 一九三〇年代の家庭教育振興政策の動向

 3 総力戦体制下での家庭教育振興政策の動向

 4 近年の家庭教育をめぐる施策の動向



第6章 在日コリアンと日本人の見えにくい「国際」結婚の半世紀 りむ よんみ

 1 近現代の日本社会における結婚規範の変遷――「身分違いの恋」の悲劇の超克?

 2 言説にみるインターマリッジをめぐる社会規範の変容

 3 インターマリッジからみえる日本の結婚観――むすびにかえて



第7章 憲法二十四条改悪と「家族」のゆくえ 角田由紀子

 1 二十四条がもつ意味

 2 自民党憲法改正草案での二十四条の問題

 3 夫婦別姓に関する最高裁大法廷判決の憲法二十四条論

 4 二十四条改正の目的はどこにあるのか

早川 タダノリ[ハヤカワ タダノリ]
著・文・その他/編集