国家の社会学

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

国家の社会学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月28日 04時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787233806
  • NDC分類 311
  • Cコード C0036

内容説明

国家とはどういう集団で、どういった機能をもち、社会や経済、政治、私たちの生活とどういう関係にあるのか。「国家とは何か」という基本的な疑問からナショナリズム・社会福祉・グローバル化といった現代的な課題までをレクチャーする概説書。読書案内つき。

目次

国家とは何か―その能力と作用
国家と暴力
国家と官僚制
国家と戦争―国家形成における軍事的・財政的要因
国家と正当性―「象徴暴力」と公共性
国家と社会―社会の「国家帰属化」
国家と統計(学)
国家とナショナリズム
国家と資本主義経済
国家と民主主義
国家と社会福祉
国家のグローバル化
脱植民地化と「崩壊国家」―アフリカ国家論の観点から
グローバル化のなかの国家
国家の現在、国家の将来

著者等紹介

佐藤成基[サトウシゲキ]
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中途退学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院修了、Ph.D.(社会学)。法政大学社会学部教授。専攻は比較ナショナリズム研究、歴史社会学、社会学理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masabi

15
国家を社会学の知見からまとめたもの。国家とナショナリズムの関わり、国家の定義など筆者のオリジナルというよりは概論であり、より深く学びたい人に読書案内がついているのでありがたい。英語が読めると読書の幅が広がると思うと悔しいものがある。すべてが翻訳されるわけでもない。2015/02/12

A・Matilda

5
国家を、暴力の独占的行使、資源の強制的徴収及び再分配機能、上記二つを正当なものと承認させる能力を持つものと定義し、ナショナリズム、社会福祉、グローバル化などとの関連を考察した好著。特に国家と戦争の章は勉強になった。また本邦ではしばしば「国民国家」虚構論の議論が多く見られるが、著者はあくまで国家を「独特な実在」と捉えている点も注目に値する。著者も述べられている通り日本への言及はあまり無いが、本書を利用すれば日本への分析にも大いに利用可能だろう。2021/01/09

ぽん教授(非実在系)

3
意外にも類書があまり見当たらない、国家を社会学的議論の教科書。福祉やグローバリゼーション、統計化やマルクス主義などをこうした切り口で読むことはあるが断片的になりやすいので、整理に大変役立つ。教科書的に穏当な概説だがテイストがないわけではなく、著者は新自由主義とマルクス主義には懐疑的な印象がある。2020/05/06

Hisashi Tokunaga

2
国家論を社会学という立場で丁寧に記述した15章仕立ての純教科書風。随所に著者の見解が挟み込まれて初学者には非常に有益な書ですね。2015/02/08

ぽてと

0
ありそうでない「国家の」社会学に関する教科書的な本。著者によれば、国家と他の社会的組織を分かつのは、暴力の独占と法の執行、徴税権と資源の分配、この二つの正当化という3つの機能であるという。本書の結論としては、明示的には記されていないものの、今後も国家がなくなることはないだろうということであり、それが持つ機能を多面的に分析する必要があるということである。国家に関して、日本の学者たちは良い意見をあまり提出できていないが、国家を敵視ないし軽視するマルクス主義やアメリカ政治科学の影響を受けているからかもしれない。2016/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8961262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。