日本の精神医療史―明治から昭和初期まで

個数:

日本の精神医療史―明治から昭和初期まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787233349
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0036

内容説明

明治期の西洋医学の導入以降、精神病者の治療・保護・監視に関する法律が制定され、精神病院が作られていった精神医療史を追い、『精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』を精読する。呉秀三やそのほかの医師や政治家の動向に光を当て、朝鮮半島での精神医療の広がりなども明らかにしながら精神医療史を丁寧にレクチャーする。

目次

序章 日本の精神医療の歴史―明治から大正
第1章 人々は精神病をどう見ていたのか―『精神病者私宅監置ノ実況及び其統計的観察』を読む
第2章 近代期朝鮮半島の精神医療史―プサンを例に
第3章 朝鮮半島初の精神科病棟―大邱、ソウル
第4章 日本の精神医療と西洋医学―朝鮮半島を例に
第5章 精神科病院建設への道
第6章 隔離拘束の問題点
終章 『精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』を改めて読む

著者等紹介

金川英雄[カネカワヒデオ]
昭和大学医学部・慶應義塾大学文学部を卒業。昭和大学大学院医学研究科博士課程修了。昭和大学付属烏山病院、昭和大学医学部助手を経て、東京武蔵野病院勤務、現在、外来部長。前帝京平成大学客員教授、聖母大学、東京家政大学兼任講師、現在了徳寺大学兼任講師。精神保健指定医、医学博士、日本病跡学会理事など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。