精神病院の改革に向けて―医療観察法批判と精神医療

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

精神病院の改革に向けて―医療観察法批判と精神医療

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787233257
  • NDC分類 498.16
  • Cコード C0036

内容説明

医療観察法批判と民間精神病院医療という相剋する立場をかかえながらも、それらを乗り越えて、精神医療改革のために奮闘する病院長の提言。

目次

序章 ボロメオの輪―医療観察法問題と精神病院改革
第1章 精神病院改革と医療観察法(精神科医療の改革;精神医療・病院の改革と病床削減―その政策転換を求めて;いま、医療観察法を廃止し、精神科医療の抜本改革をおこなうときである)
第2章 医療観察法を批判する(心神喪失者等医療観察法を批判する;再犯予測問題と医療観察法ガイドラインの論点)
第3章 精神医療の経験(精神病院の事件・事故について;ノーマライゼーションの動向と刑事責任能力―特に統合失調症について;東大精神科自主管理病棟のM君と私;夏の死;物語;東大精神科自主管理闘争の私的回顧)

著者等紹介

富田三樹生[トミタミキオ]
1943年、新潟県生まれ。新潟大学医学部卒。佐久総合病院勤務をへて、東京大学精神科医師連合に参加。東京大学精神医学教室をへて多摩あおば病院院長。日本精神神経学会法委員会委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。