戦後・暴力・ジェンダー<br> 脱暴力のマトリックス

個数:
電子版価格 ¥3,024
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

戦後・暴力・ジェンダー
脱暴力のマトリックス

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787232717
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0336

内容説明

暴力をどのように引き受け、その連鎖を断ち切るのか。「暴力の表象/表象の暴力」から過去の暴力の痕跡をたどり、対抗暴力の限界を受け止めて、ジェンダーやフェミニズムの視点から暴力の循環を断つための実践的可能性を展望する。

目次

第1部 「暴力」を断ち切る(「暴力批判の思想」としてのフェミニズム―「左翼」思想の限界とダーバン宣言の射程;人種とジェンダーの複合差別をめぐって―ダーバン会議で問われたもの;優生学とジェンダー―リベラリズム・家族・ケア;「原住民」が抹消された場所で、交渉する)
第2部 暴力の表象/表象の暴力(「南京のレイプ」の告発者である女性たちの殉教―歴史記述のジェンダー;戦後台湾アイデンティティと女性の表象;「国民」文学とジェンダー―ポストコロニアリズムと「群島」の物語;ヴェトナムにおけるアメリカ戦の亡霊;沖縄・基地問題・暴力)

著者等紹介

大越愛子[オオゴシアイコ]
近畿大学文芸学部教員。専攻は女性学、哲学、宗教学

井桁碧[イゲタミドリ]
筑波学院大学教員。専攻はジェンダー論、フェミニズム批評理論、宗教学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

暴力をどのように引き受け、その連鎖を断ち切るのか。南京・台湾・群島・ヴェトナム・沖縄の「暴力の表象/表象の暴力」の痕跡をたどり、戦争が跳梁するこの時代にジェンダーやフェミニズムの視点から暴力の循環を断つための実践的可能性を展望する。

「戦後・暴力・ジェンダー」全三巻の刊行にあたって 大越愛子/井桁 碧

はじめに――ポスト・ダーバンという時代 大越愛子

第1部 「暴力」を断ち切る

第1章 「暴力批判の思想」としてのフェミニズム――「左翼」思想の限界と「ダーバン宣言」の射程 大越愛子
 1 忘却
 2 なぜ「左翼」批判なのか
 3 マルクス理論への問題提起
 4 アンぺイド・ワーク論への展開
 5 「左翼」思想の新たな提起――マルチチュード論
 6 アソシエーション論 
 7 ダーバン宣言のさらなる展開へ

第2章 人種とジェンダーの複合差別をめぐって――ダーバン会議で問われたもの 熊本理抄
 1 人権の基礎は差別撤廃――グローバル化していく人種差別
 2 女性の権利は人権――フェミニズムの国際的潮流
 3 ジェンダー差別と人種差別
 4 ダーバン宣言・行動計画から考える複合差別
 5 NGOのなかに見られた南北問題
 6 被差別者たちの「連帯」とは

第3章 優生学とジェンダー――リベラリズム・家族・ケア 堀田義太郎
 1 優生学の位置
 2 「強制」なき優生学
 3 リベラリズムとジェンダー
 4 ケアワークの社会化の根拠
 5 リベラリズムの両義性

第4章 〈原住民〉が抹消された場所で、交渉する 井桁 碧
 1 グローバル・エシックスを構想するとして、どの位置から?
 2 「われわれが法と呼ぶもの」の絶対的な外部に置かれる者として
 3 〈原住民〉として抹消される場所で、交渉する

第2部 暴力の表象/表象の暴力

第5章 「南京のレイプ」の告発者である女性たちの殉教――歴史記述のジェンダー 若桑みどり
 1 問題の所在
 2 南京大虐殺の経緯
 3 市民、歴史家、記者による「歴史記述」
 4 女性による国際法廷(二〇〇〇年)
 5 建立された二女性の銅像

第6章 戦後台湾アイデンティティと女性の表象 丸川哲史
 1 「日本」というトラウマの転移
 2 諷刺、あるいは「日本」という尺度
 3 ポスト植民地期における「女性」の表象
 4 呂赫若における「女性」のポジション

第7章 「国民」文学とジェンダー――ポストコロニアリズムと「群島」の物語 本橋哲也
 1 『ブル島』四部作と国民の創造/想像
 2 『アースシー』六部作と「群島」の歴史

第8章 ヴェトナムにおけるアメリカ戦の亡霊    権憲益[堀田義太郎 訳]
 1 アメリカ戦の亡霊
 2 亡霊と先祖
 3 悲嘆からの解放
 4 結論

第9章 沖縄・基地問題・暴力 高里鈴代/宮城晴美/大越愛子/井桁 碧