オカルトの帝国―1970年代の日本を読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787232663
  • NDC分類 147
  • Cコード C0036

内容説明

隠された知である「オカルト」が白日の下にさらされた1970年代に、私たちはどのような夢を見、熱狂したのか―。科学的合理主義への懐疑から「新しい科学」として登場することで社会に激震を走らせた70年代のオカルトブームを焦点化し、現代に続く「オカルト的なもの」の始源を照らし出す。

目次

第1部 オカルトの日本(オカルト・ジャパン・シンドローム―裏から見た高度成長;小松左京『日本沈没』の意味 ほか)
第2部 メディアのなかのオカルト(エクソシスト・ショック―三十年目の真実;「ノストラダムス」の子どもたち ほか)
第3部 表象としてのオカルト(“霊”は清かに見えねども―「中岡俊哉の心霊写真」という“常識”;一九七〇年代の「妖怪革命」―水木しげる『妖怪なんでも入門』 ほか)
第4部 オカルトの現代史へ(円盤に乗ったメシア―コンタクティたちのオカルト史;メディアと科学の“聖戦”―一九七四年の超能力論争)

著者等紹介

一柳廣孝[イチヤナギヒロタカ]
1959年、和歌山県生まれ。横浜国立大学教員。専攻は日本近代文学、日本近代文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。