AI・IoT時代の企業法務

個数:

AI・IoT時代の企業法務

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月25日 20時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785727147
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C3032

内容説明

進化するテクノロジーに企業法務はどう向き合うか。実務の最前線で活躍するエキスパートから企業法務の現場のダイナミックさとリアルな課題を学ぶ。

目次

第1講 技術革新の時代における企業法務や弁護士のあり方
第2講 総合商社のビジネスと法務部の役割
第3講 コーポレートガバナンスとルールメイキング
第4講 フィンテックの進展と金融の変革
第5講 インターネット取引と消費者問題
第6講 AI、IoT、ロボット導入の法律と知的財産

著者等紹介

淵邊善彦[フチベヨシヒコ]
弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AI、IoTなど新規技術分野で技術革新が進み社会が変革期にある中で、企業法務に求められるものは何か。企業の法務担当者や弁護士が考えるべきこれからの企業法務のあり方を、様々な角度から考える。テーマごとに異なる実務家を招いて講義形式で解説する。