店は生き残れるか―ポストECのニューリテールを探る

個数:

店は生き残れるか―ポストECのニューリテールを探る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 09時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785505387
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0063

内容説明

小売業の近未来と再生のロードマップ。

目次

第1章 ECの拡大が招く閉店ラッシュ
第2章 オムニチャネル戦略は反撃の決定打となるのか
第3章 ECを支えるプラットフォーマー
第4章 ラストワンマイルの担い手
第5章 販物一体が店舗販売を自滅させる
第6章 ポストECのニューリテール革命
第7章 省在庫・無在庫のショールームストア革命

著者等紹介

小島健輔[コジマケンスケ]
慶應義塾大学卒。大手婦人服専門店チェーンに勤務した後、(株)小島ファッションマーケティングを設立。ファッションビジネスの経営実務研究会SPACを主宰して業界の経営革新にあたる一方、業界紙誌やネットメディアにも寄稿。2016年には経済産業省のアパレル・サプライチェーン研究会委員も務めた。マーケティング&リテイリング~サプライチェーン&ロジスティクスをデジタル/アナログの両面から一貫して捉え、中長期視点の経営戦略と現場の技術革新を表裏一体に提言している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

急成長するECビジネス。リアル小売業、そして消費者はどう動くのか。流通業の専門コンサルタントが小売業再生のロードマップを描…全世界で急成長するECビジネス。その勢いは止まるところを知らない。リアル小売業の未来は閉ざされてしまうのか。著者の答えはノーだ。ECビジネスの死角は何か。リアル小売業の活路はどこにあるか。そして消費者はどう動くのか。流通業の専門コンサルタントが小売業再生の大きなロードマップを描いて見せる。

第一章 ECの拡大が招く閉店ラッシュ

第二章 オムニチャネル戦略は反撃の決定打となるのか

第三章 ECを支えるプラットフォーマー

第四章 ラストワンマイルの担い手

第五章 販物一体が店舗販売を自滅させる

第六章 ポストECニューリテール革命

第七章 省在庫・無在庫のショールームストア革命

小島 健輔[コジマ ケンスケ]
著・文・その他