“錯覚”の外食産業―超熟業界のマーケティング論

個数:

“錯覚”の外食産業―超熟業界のマーケティング論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784785504236
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0063

内容説明

吉野家vsすき家“最終戦争”の行方は?“高価格”スタバはなぜ人気なのか?“ファミレス”からなぜ家族が消えたのか?―。

目次

“ファミレス”が生まれた日―外食産業とマーケティング
牛丼戦争に“勝者”はいない―すき家と競争戦略
“家族”の消えたファミレス―ガストと真空地帯仮説
“多様性”なき組織は危うい―バーミヤンとポートフォリオ
人気vs利用の“ねじれ”現象―モスと4P
回転寿司の“真っ当な”勝利―スシローとSWOT分析
“世界の言葉”はアメリカ語―マックとアベセデスマトリクス
ブランドは“期待”で決まる―スタバとサービス満足度仮説
人は“なぜ”外で食べるのか―船場吉兆とニーズ分析
“ブレイク”のシナリオと罠―ディーン・アンド・デルーカと流行
“HMR”の悩ましいジレンマ―中食産業の透視図
ドラッカーに学ぶ“成功哲学”―外食産業とミッション

著者等紹介

横川潤[ヨコカワジュン]
文教大学国際学部国際観光学科准教授(外食産業マーケティング論)。1962年生まれ。同年、父・横川端、叔父・茅野亮、横川竟、横川紀夫が「ことぶき食品(後の「すかいらーく」)」創業。外食産業の栄枯盛衰をつぶさに見て育つ。慶應義塾大学法学部法律学科卒、同大学院商学研究科修士課程で村田昭治教授よりマーケティングの薫陶を受け、ニューヨーク大学大学院でMBA(マーケティング専攻)取得。「東京イタリアン誘惑50店」(講談社)、「美味しくって、ブラボーッ!」(新潮社)、「フードサービス10の戦略」(共著 商業界)、「フードサービス事典」(共編著 柴田書店)など著訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「吉野家VSすき家」最終戦争の行方は?「高価格」スタバはなぜ人気なのか?「ファミレス」からなぜ家族が消えたのか?現代の外食産業の錯覚と誤解を解く!