ポピュラー・サイエンス
情報革命の軌跡―半導体がもたらしたもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 150p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785387723
  • NDC分類 549.8
  • Cコード C0055

目次

1章 量子力学から集積回路へ―半導体の生い立ち
2章 計算機の進歩とパソコンの誕生
3章 計算機ネットワークからインターネットへ
4章 インターネットがもたらしたもの
5章 携帯電話―無線技術の進歩
6章 光が支える高速通信ネットワーク
7章 ブロードバンドの展開―新技術の光と陰
8章 情報の歴史に学ぶ―半導体が生んだ技術と経済の軌跡
9章 情報革命のこれから

著者等紹介

水島宜彦[ミズシマヨシヒコ]
1925年宮城県で生まれる。1946年東京帝国大学第二工学部電気工学科卒業。同年逓信省電気試験所研究員。1975年日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所水島特別研究室長。1983年浜松ホトニクス株式会社取締役。1994年同社顧問(1999年まで)。工学博士・理学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。