ポピュラー・サイエンス
食中毒の科学―あなたを守る知識ワクチン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 144p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785387259
  • NDC分類 493.157
  • Cコード C0047

出版社内容情報

《内容》 O157や黄色ブドウ球菌,サルモネラ菌など,食中毒はなぜ一向に減らないのでしょうか.それぞれの菌の素顔を紹介しながら,体の中でどのようなことが起こっているのか,身近な食中毒事例を挙げて予防法とともにわかりやすく解説します.    《目次》 1. プロローグ  1.1 O157騒動の始まり  1.2 バリ島、二四時間の旅  1.3 あの事例のこと  1.4 平成八年のO157 大流行 2. 食中毒はどのようにして起こるか  2.1 食中毒原因菌はどこからくるか  2.2 食中毒菌と戦う体のしくみ  2.3 食中毒菌はどのようにして病気を起こすか 3. 食中毒原因菌一〇選  3.1 ボツリヌス菌  3.2 黄色ブドウ球菌  3.3 セレウス菌  3.4 サルモネラ属菌  3.5 カンピロバクター  3.6 腸炎ビブリオ  3.7 ナグビブリオ  3.8 腸管出血性大腸菌  3.9 毒素原性大腸菌  3.10 プレシオモナス シゲロイデス 4. 食中毒の原因となる様々な微生物  4.1 食水媒介性腸管感染症  4.2 コレラ  4.3 腸チフス・パラチフス  4.4 赤痢  4.5 リステリア  4.6 ウイルス、寄生虫・原虫による食中毒 5. 食中毒の現状を知ろう  5.1 食中毒を定義する  5.2 化学毒による食中毒:砒素中毒も  5.3 自然毒による食中毒  5.4 減らない食中毒・大型化する食中毒  5.5 命を奪う食中毒  5.6 増える食中毒・減る食中毒 6. 食中毒の症状から考えられること  6.1 下痢はなぜ起こるか  6.2 腹痛はなぜ起こるか  6.3 嘔気・嘔吐はなぜ起こるか  6.4 発熱はなぜ起こるか 7. 社会と食中毒  7.1 国際化社会・ボーダレス化の波  7.2 検疫-最後の砦-  7.3 食生活の変化  7.4 人口増加と食中毒 8. 食中毒事例をみんなで考えよう  8.1 事例1  8.2 事例2  8.3 事例3  8.4 事例4  8.5 事例5 あとがき 参考文献 索引

内容説明

食中毒を減らすためには、食中毒の危険と直接、しかも毎日対峙している1人1人が正しい知識を持つことこそが、大きな力になります。本書は、中、高校生から一般に至るまでの多くの読者に、気楽に読めて、食中毒についての正しい知識を少しでも伝えることができるように、工夫して書かれています。

目次

食中毒はどのようにして起こるか
食中毒原因菌10選
食中毒の原因となる様々な微生物
食中毒の現状を知ろう
食中毒の症状から考えられること
社会と食中毒
食中毒事例をみんなで考えよう