ポピュラー・サイエンス<br> したたかなウイルスたち

個数:

ポピュラー・サイエンス
したたかなウイルスたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月20日 10時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785387242
  • NDC分類 491.77
  • Cコード C0045

内容説明

本書は、高校生などの読者を対象に、ウイルス、特にこれから問題となるウイルス感染症についてまとめたものである。ウイルスと宿主である人間や動物との関係についてわかりやすく解説した。

目次

1章 ウイルスの出現
2章 ウイルスと細胞のコミュニケーション
3章 ウイルスと病気
4章 ウイルス感染症から身を守る
5章 ウイルスの行動半径
6章 エイズウイルス
7章 肝炎ウイルス
8章 ヘルペスウイルス
9章 インフルエンザウイルス
10章 がんウイルス
11章 スローウイルス感染症
12章 エマージングウイルス感染症
13章 原因不明の難病とウイルス感染
14章 期待される遺伝子治療

出版社内容情報

《内容》 エマージングウイルスと人類との戦いはいつまで続くのか.エイズや肝炎,がん,エボラ出血熱などを引き起こすウイルスの素顔に迫る.    《目次》 1. ウイルスの出現  1.1 ウイルスとは  1.2 ウイルスはどこから来たのか?  1.3 ウイルスは細菌や細胞と異なる  1.4 ウイルス産生 2. ウイルスと細胞のコミュニケーション  2.1 ウイルスを増やす  2.2 細胞を増やす  2.3 細胞へのウイルスの取りつき  2.4 ウイルスの取りつきから子孫ウイルス産生へ  2.5 ウイルス感染を受けた細胞のあがき  2.6 ウイルスのもつアポトーシスと抗アポトーシス遺伝子  2.7 急性感染と持続感染  2.8 いろいろなウイルス  2.9 バイオハザード対策 3. ウイルスと病気  3.1 急激に症状が現れる  3.2 なかなか症状が回復しない 4. ウイルス感染症から身を守る  4.1 ウイルス感染を防ぐ  4.2 免疫のしくみ  4.3 ジェンナー、パスツール物語からワクチン開発  4.4 DNAワクチンは第二の救世主となるか 5. ウイルスの行動半径  5.1 水平感染と垂直感染  5.2 輸血・献血を安全に 6.エイズウイルス  6.1 エイズの原因はウイルスの感染  6.2 HIV検査  6.3 HIVの種類  6.4 エイズを発症する  6.5 感染ルート  6.6 母子感染  6.7 ワクチン  6.8 HIVも降参するカクテル療法  6.9 エイズのまだまだ残る課題 7. 肝炎ウイルス  7.1 肝炎に関わるウイルス  7.2 肝炎ウイルスの伝播ルート  7.3 肝炎から肝がんへ  7.4 肝炎ウイルスに対するワクチンと治療薬 8. ヘルペスウイルス  8.1 いろいろなヘルペスウイルス  8.2 ヘルペスウイルスと病気  8.3 ヘルペスウイルスと化学療法 9. インフルエンザウイルス  9.1 インフルエンザの症状  9.2 インフルエンザウイルスの遺伝子  9.3 ウイルスの抗原変異  9.4 インフルエンザの予防  9.5 インフルエンザ治療薬 10. がんウイルス  10.1 HTLV-1と白血病  10.2 パピローマウイルスと子宮頚がん 11. スローウイルス感染症  11.1 スローウイルス感染と脳の病気  11.2 狂牛病とプリオン  11.3 薬害「ヤコブ病」  11.4 プリオンの問題点  11.5 その他のスローウイルス感染と脳の病気 12. エマージングウイルス感染症  12.1 次々と出現するウイルス  12.2 新たなウイルス出現の原因  12.3 エボラ出血性ウイルスとマールブルグ病ウイルス  12.4 突如出現したウマ、ブタからのエマージングウイルス感染症  12.5 野生げっ歯類から感染するエマージングウイルス  12.6 ニューヨークで突如発生したエマージング感染症  12.7 “りんごのほっぺた”の原因ウイルス  12.8 人畜共通感染症  12.9 薬剤耐性株  12.10 院内感染  12.11 バイオテロリズム 13.原因不明の難病とウイルス感染  13.1 難病とは  13.2 神経系に異常が見られる難病  13.3 その他の難病とウイルス感染  13.4 スモン(SMON)の原因をめぐって 14. 期待される遺伝子治療  14.1 遺伝子治療とは  14.2 ベクター開発  14.3 夢の遺伝子治療が現実化  14.4 遺伝子治療の展望と限界 参考書 索引