しくみと原理で解き明かす植物生理学

個数:

しくみと原理で解き明かす植物生理学

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 188p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784785352295
  • NDC分類 471.3
  • Cコード C3045

目次

植物と生命の共通理解―いろいろに不思議を発見する
植物の体のつくり―多段構成を理解する
水と植物の科学―いのちを支えるダイナミズム
植物体を構成する基本分子―無限の可能性を秘めた生体物質
植物機能を担う分子群―分子の多様性を知る第一歩
光合成と呼吸―生命世界を動かす原動力
代謝系の基本―すべてを生み出す底力
細胞増殖と成長・発生―つねに成長し続ける植物体
調節系のしくみの基本―時と場所をわきまえた細胞間のきずな
環境応答―感度良く着実に
細胞死と分解―引き際の美学
テーマ学習(1)―葉緑体を詳しく知る
テーマ学習(2)―植物と人間の関係の新たな可能性に向けて

著者等紹介

佐藤直樹[サトウナオキ]
1953年(昭和28年)生まれ。東京大学理学部生物化学科卒業。東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)。東京大学助手、東京学芸大学助教授、埼玉大学教授を経て、2004年東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は光合成生物の脂質生合成、比較ゲノム・進化学、生命基礎論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。